舌ブラシで口臭を予防しよう! 選び方や効果的な使い方を解説

舌ブラシで口臭を予防しよう! 選び方や効果的な使い方を解説

舌についている白い汚れは、舌ブラシを使って落としましょう。舌の白い汚れを落とすと、口臭予防など多くのメリットがあります。しかし舌ブラシは、誤った使い方をすると逆効果になることもあるため、正しく使うことが大切です。この記事では舌ブラシの効果や選び方、効果的な使い方などを紹介します。

舌磨きの必要性

舌の表面は舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かい突起の密集により、凹凸しています。ここに食べかすや、口内ではがれた粘膜が溜まって、細菌のすみかになります。これらが集まると舌苔(ぜったい)という舌に付着した白い汚れになるのです。

舌苔は、ストレスや体調不良によって口内が乾燥して唾液量が減少すると増加する傾向があります。舌苔を除去しないと口臭が強まり、さらに蓄積すると味覚障害になる恐れもあります。舌苔は、うがいや歯磨きでは落とせないので舌磨きが必要です。

舌苔は凹凸状の深い部分に溜まっているため、歯ブラシでは汚れを落としきれません。例えるなら、ほうきで絨毯を掃いているような状態と言えます。そこで、舌ブラシが必要になるのです。

舌磨きのメリット

舌磨きをして舌苔を除去すると、口臭ケアの他、感染症予防や体調管理などのメリットがあります。

①口臭ケア

舌苔に含まれる食べかすや古くなった粘膜は、細菌によって分解されてニオイの原因となるガスを発生します。舌ブラシを使って舌苔を落とせば口臭予防に繋がります。

②感染症予防

経口感染が多い風邪やインフルエンザなどは、舌苔のケアにより感染リスクが減少すると言われています。舌苔などに含まれる食べかすから発生するプロテアーゼという酵素は、ウイルスを増殖させやすく、口内を細菌の温床にします。つまり、舌苔を取り除くとウイルスの増殖を抑えられ、感染リスクも減らせるのです。また、口内が清潔だと体全体の免疫力もアップすると言われています。

③味覚を正常に保つ

舌の表面には味蕾(みらい)という味を感じる器官があります。舌苔が蓄積すると味蕾の機能が低下し、味覚が鈍くなる恐れがあります。味覚が鈍くなると、濃い味のものや脂っぽい食べ物を好むようになったり、満腹感を得にくくなったりします。
味蕾が機能しているときは、さっぱりとした味付けでも旨味を感じられ、少量でも満腹感を得られます。

舌からわかる健康状態

舌磨きをするときに、舌の状態をチェックすると体の健康状態を把握できます。上記の舌のイラストを用いながら、舌からわかる健康状態を解説します。

舌苔の蓄積や色

健康な人の舌にもうっすらとした舌苔はありますが、④のように舌苔が厚く蓄積して白くなっているのは、風邪などの感染症の初期症状や、胃腸に問題があるかもしれません。

また舌苔が黄みや黒ずみを帯びている場合もいけません。黄みを帯びている舌苔は、胃腸のバランスが崩れている可能性が高く、風邪などの感染症による発熱時にも黄みを帯びることがあります。

黒ずんだ舌苔は、細菌のバランスが乱れ、極端に体力が低下している状態です。薬の影響もしくは重篤な病気の進行なども考えられます。

反対に、②のように舌苔が全くないのも、鉄分やミネラル不足、貧血などの可能性があり、健康的とは言えません。

舌の色

健康な舌はピンク色をしており、白っぽい色や強い赤み、紫色寄りで濃い色などは良くありません。白っぽい舌は疲労や貧血などによる血行不良と考えられます。赤みが強い場合は、体の熱がこもり、水分不足の状態と言えるでしょう。紫色に近い濃い色の舌は、血液がドロドロしている状態と言えます。体内循環が悪化する恐れもあるため、しっかりと水分を取り、適度な運動をしてください。

舌の形や舌の線

健康な人は舌のふちがなめらかです。①のようにふちがデコボコした舌は、むくみがあり、歯型によって舌のふちがデコボコになります。冷たいものを摂取しすぎると胃腸が弱り、舌がむくみやすくなるそうです。

舌の表面の真ん中には正中線という線があります。⑤や⑧のように、正中線の他に細かい線やひび割れ、亀裂などがあるときは、脱水や極度の疲労によって舌が乾燥していると考えられます。

舌ブラシの選び方

舌ブラシにはブラシやヘラ、上記画像のスクレーパーなどの形状があり、素材や長さ、持ち手なども種類によって異なります。ここでは舌ブラシの選び方を解説します。

①形状

初めて舌磨きをする人や、舌に入り込んだ細かい汚れを掻き出したい人にはブラシタイプがおすすめです。毛先が硬いと、舌を磨いているときに傷をつけてしまう恐れがあるため、毛先がやわらかいものを選んでください。

口内が乾燥しやすい人や、口臭が強い人は舌ジェルを使って磨くのがおすすめです。この場合も、ジェルを舌表面に広げやすいブラシタイプが良いでしょう。

できるだけ舌に刺激を与えたくない人は、舌を撫でながら汚れを掻き出せるヘラタイプがおすすめです。

広範囲にわたって効率良く汚れを落としたい人は、両手で使う形状のスクレーパータイプを選んでみてください。ただし、手入れが簡単で長く使用できる反面、金属製のものが多いため、舌に金属を当てる感覚が苦手な人には使いにくいかもしれません。

②素材

素材は、ソフトな感覚で舌をケアできるシリコン素材が良いでしょう。舌を傷つけにくいので初心者にもおすすめです。ただし、シリコン素材は耐久性が低いため、定期的に交換をする必要があります。

③長さ

舌磨きは、舌の奥の汚れや雑菌もしっかりとかき出す必要があります。舌の奥の方まで届くよう、一般的な歯ブラシと同じくらいの長さのものを選びましょう。    

④持ち手

持ち手は、必ずしなるものを選んでください。そのほうが舌を磨きやすく、また嘔吐反射を防ぐ効果もあります。

舌ブラシの効果的な使い方

舌ブラシは正しく使わないと逆効果になることもあります。また喉の奥の方まで入れるため、嘔吐反射が出てしまうケースも多いです。ここでは舌ブラシの効果的な使い方について解説します。

①鏡を見ながら行う

舌ブラシが舌苔の部分にきちんとあたっているか、鏡で確認しながら行いましょう。このとき、舌に傷などの異常がある場合は舌磨きを控えてください。

②舌を前に出して磨く

舌ブラシを喉の奥まで入れすぎると、嘔吐反射が起こります。舌を思いっきり前に出したり、数秒間息を止めたりして舌を磨くと、嘔吐反射を防げます。

③「奥から手前」の方向にブラシを動かす

舌ブラシは奥から手前の方向で動かしてください。反対に手前から奥にブラシを動かすと、舌苔に含まれている細菌を喉の奥へと送り込みかねません。

④軽い力で磨く

舌はとてもデリケートなので、強い力で磨いてはいけません。舌を傷つけると、味覚障害になることもあります。また過剰な舌磨きで口内が乾燥することで、舌苔が常態化する恐れもあります。毎日小さな傷がつき、刺激され続けた舌の細胞はがん化する可能性もあるようです。くれぐれも、軽い力で優しく磨きましょう。

⑤継続して行う

長い時間をかけて蓄積した舌苔は、舌ブラシで一度磨いただけでは落とせません。毎日ケアを続けることで次第に落ちやすくなるので、根気よく続けましょう。

舌磨きのベストなタイミングは起床時です。就寝中は唾液量が減少するため、起床時は1日の中で最も舌苔量が多くなります。毎日継続して舌磨きを行い、少しずつ舌苔を落としていきましょう。

それでも口臭が気になった時は歯科医院を受診しよう

舌苔をケアしても口臭が気になる場合は、歯周病のおそれもあるので歯科を受診しましょう。最後に、歯周病によって口臭が発生する原因や、唾液で口内環境がチェックできる「シルハ」について解説します。    

歯周病によって口臭が発生している可能性も

歯周病の原因となる歯垢(プラーク)によって口臭が発生している場合もあります。歯垢も多量のタンパク質と細菌の集まりであるため、舌苔と同様に細菌によってタンパク質が分解されると、強い口臭を発します。また歯周病が悪化すると歯ぐきから膿が出て、口臭が強くなることもあります。

口内環境がチェックできる「シルハ」

口臭が気になる人は歯科で唾液検査を受けてみませんか? 唾液検査とは、唾液に含まれる成分や菌の活性度などを調べる検査のこと。それらを調べると口内環境がわかり、むし歯や歯周病になるリスクを予想できます。

唾液検査は水で口をすすぐだけで、口内環境に関わる6項目を調べられるシルハがおすすめです。シルハで口臭の原因を追究しましょう。
シルハは全国の歯科医院で検査できます。シルハが利用できる歯科医院はコチラからチェックしてみてくださいね。

舌ブラシを正しく使い、口臭を予防しよう

舌ブラシは舌に付着した舌苔をケアするアイテムです。舌ブラシで舌苔をケアすれば口臭や感染症の予防になりますが、誤った使い方をすると、舌苔内の細菌を体内に送り込んでしまったり、嘔吐反射が出たりすることもあります。舌ブラシを正しく使い、口臭を予防しましょう。    

近隣のクリニックを検索

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ