うちの子どもから口臭がするのはなぜ? 口内環境を守るために親ができる対策を知ろう

うちの子どもから口臭がするのはなぜ? 口内環境を守るために親ができる対策を知ろう

ニオいの強いものを食べていないのに、お子さんの口臭が強いと、心配になりますよね。この記事では、子どもの口臭の原因や対策、歯磨きを習慣化させるコツ、さらに口内環境を把握できる唾液検査シルハについてご紹介します。子どもの健康状態によって口臭が強くなることもあるため、まずはお子さんの様子を観察して、原因を探ってみましょう。

               

子どもの口臭を引き起こす主な原因

子どもの口臭の原因には、口呼吸や食べかす、鼻づまりなど、さまざまなことが考えられます。まずは、子どもの口臭の原因を解説します。

子どもの口臭の原因①口呼吸による口内の乾燥

子どもの口臭の原因として最も多いのが、口呼吸による口内の乾燥です。口内が乾燥すると唾液の働きが弱まり、口内の細菌が繁殖して口臭が強くなります。
お子さんの口臭が気になる場合は、寝ている時に口呼吸になっていないかどうかを確認してみてください。また、起きている時に口が開いているのも、口内の乾燥につながります。

子どもの口臭の原因②食べかすや歯垢(プラーク)

むし歯や歯周病の原因菌が、歯垢や食べかすを分解する時にニオイを発し、口臭となります。
子どもが小学生くらいになると、子ども1人で歯磨きを済ませる家庭も多いようです。しかし、小学生の1人磨きは、磨き残しが多いため、口臭が強くなりやすいです。最低でも小学校低学年まで、できれば小学校卒業までは親が仕上げ磨きをしてあげましょう。
また、仕上げ磨きの際に、磨き残しの部分を指摘して、自分でもきちんと歯磨きできるように教えてあげてください。デンタルフロスを活用した歯間掃除や、舌を清潔に保つことなど、口内を清潔に保つ方法を教えることも大切です。

子どもの口臭の原因③鼻づまり・副鼻腔炎・扁桃炎

鼻がつまると口呼吸になるため、口臭が強くなってしまいがちです。また、副鼻腔炎になると、鼻腔に鼻水や膿がたまります。鼻腔にたまった膿のニオイが吐息に混じり、卵が腐ったような強い口臭を放つことがあります。
扁桃炎も強い口臭を発する原因になります。扁桃が肥大すると、膿汁や膿栓(ニオイ玉)が溜まり、強い口臭を発します。また、扁桃炎は大人よりも子どもの方がなりやすいようです。
鼻づまりや副鼻腔炎、扁桃炎の症状が見られる時は、耳鼻科を受診して治療を行いましょう。

子どもの口臭の原因④胃の消化不良

胃の調子が悪いと食べ物の消化をスムーズに行うことができず、消化しきれなかった食べ物が体内で腐敗することでニオイを発する場合があります。胃の調子が悪い時は、体を休めて回復させましょう。お子さんの胃の調子で気になることがあれば、小児科や消化器内科を受診しましょう。

子どもの口臭の原因⑤ストレス

ストレスが原因で、唾液の分泌量が減り、口臭が強くなることもあります。口臭が気になる時には、お子さんがストレスを抱えていないかどうか観察してみてください。
子どもの場合、ささいなことがストレスになる場合もあります。お子さんがストレスを抱えていたら、その原因を解消できるように対処してあげたり、サポートしてあげたりしてくださいね。

子どもの口臭対策

お子さんの口臭を防ぐには、こまめな水分補給や鼻呼吸への改善、唾液の分泌を促すことなどが大切です。ここでは、子どもの口臭におすすめの対策をご紹介します。

子どもの口臭対策①こまめに水分を補給する

お子さんの口内の乾燥を防ぐためにも、こまめに水分補給をさせてあげてください。子どもは水分保持能力が低く、汗をかきやすいため、いつの間にか水分不足の状態になっていることがあります。水分不足になると、唾液の分泌量が減少し、口臭が強くなる原因にもなります。暑い時期や乾燥する時期は、特に水分補給に気を付けましょう。

子どもの口臭対策②「あいうべ体操」をして鼻呼吸を促す

口呼吸は口臭が強くなるだけでなく、免疫力を低下させたり、顔の筋肉の発達に影響を与えたりもします。口呼吸がクセになっている場合は、できるだけ鼻で呼吸するように意識させてあげてくださいね。
鼻呼吸へと改善する方法としておすすめなのが、「あいうべ体操」です。毎食後に「あいうべ体操」を行うことで、舌力がついて口が自然に閉じるようになり、鼻で呼吸するようになります。
<「あいうべ体操」のやり方>
  1. 口を「あー」の形に大きく開けてください。
  2. 「いー」の形に口を横に大きく広げます。
  3. 「うー」の形にして、口を大きく前に突き出してください。
  4. 「べー」をして、舌をできるだけ下に伸ばしましょう。
①~④を10回繰り返します。これを1セットとし、朝・昼・晩の食後にそれぞれ行ってみましょう。

子どもの口臭対策③噛み応えのあるものを食べる

子どもにやわらかいものばかり食べさせていると、噛む力が衰え、口周りの筋力を衰えていきます。口周りの筋力が衰えると、口が開きやすい状態になってしまうため、口呼吸の原因にもつながるでしょう。
これを改善するためにも、噛み応えのある野菜や果物を食事の中に取り入れて、噛む力や口周りの筋力を鍛えましょう。また、よく噛んで食事をすることで唾液の分泌を促し、口内の乾燥を防げるため、口臭対策にもつながります。
噛み応えのある食材をいくつかご紹介します。ぜひ食事に取り入れてみてくださいね。
<噛み応えのある食材例>
  • 果物:りんご、なし
  • 根菜:にんじん、れんこん、たけのこ
  • 葉物:小松菜、ほうれん草
  • 魚介:わかめ、昆布、貝、干物、煮干し
  • その他:さつまいも、いんげん、大豆

子どもの口臭対策④歯科医院で定期検診を受ける

定期的に歯科医院を受診して、むし歯がないかどうかなど、口内をチェックしてもらうことも大切です。歯磨きの際に仕上げ磨きをしていても、磨き残しは発生します。磨き残した歯垢は石灰化して歯石になり、歯磨きでは落とせなくなります。定期検診の時に、クリーニングや歯垢・歯石を除去してもらい、口臭対策をしましょう。

子どもの口臭予防のために! 歯磨きを習慣化させるコツ

少しでも磨き残しを減らせるように、お子さんが積極的に歯磨きをする習慣を身につけさせましょう。ここからは、子どもに歯磨きを習慣化させるコツをご紹介します。  

子どもが好むグッズで歯磨きをさせる

お子さんが歯ブラシを嫌がらないように、月齢や年齢に合った歯ブラシを選びましょう。6ヵ月頃の乳児には、歯ブラシが口の奥まで達しない、柄にプレートが付いたタイプを選んでください。また、毛先の丸いものやシリコン製の歯ブラシだと、歯ぐきに当たってもあまり痛くないため、お子さんも嫌がらないでしょう。
お子さん自身に歯ブラシを選ばせることも、歯磨きへの意識を高るきっかけになるかもしれません。お子さんの好きなキャラクターの歯ブラシなど、好きなものを使わせてあげてみてください。歯ブラシだけでなく、コップやタオルなどのグッズを揃えてあげるのもおすすめです。
子どもの歯ブラシの選び方については、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ読んでみてくださいね。

楽しい雰囲気で仕上げ磨きをする

仕上げ磨きは「短時間で楽しく終える」ことがポイントです。保護者の方は、笑顔で仕上げ磨きをしてあげるように心がけましょう。歯医者さんごっこをしたり、歯磨きの歌を歌ったりしながらすると、楽しい雰囲気で仕上げ磨きを行えます。

小学生以上の子どもには歯磨きアプリを活用する

歯磨きアプリを活用することもおすすめです。子どもが喜ぶ仕組みになっているものが多く、仕上げ磨きしたことを記録できたり、アドバイスがもらえたりもするので、保護者にとっても便利です。いくつか種類があるので、いろいろ試してみてください。
小学校高学年以上になると、仕上げ磨きを嫌がるお子さんもいます。しかし、小学校高学年でも、仕上げ磨きなしでキレイに歯を磨けている子は少ないです。永久歯への生え変わりは中学2年生ごろまであるため、理想はこの時期まで仕上げ磨きを続けることが望ましいです。アプリを活用することで、仕上げ磨きを促しましょう。

定期検診の際に唾液検査シルハも受けてみよう!

シルハで唾液検査をすることで、お子さんの口内環境を把握しましょう。シルハは水で口を10秒間ほどすすぐだけで行える唾液検査です。水で口をすすぐだけなので、子どもも簡単に行えます。
シルハはむし歯菌の活性度や、口内清潔度の指標のアンモニアなどの全6項目を検査・測定します。検査の結果から、子どものむし歯のなりやすさや口内の清潔度を把握し、お子さんの口臭予防に役立ててくださいね。
シルハは全国1,500件以上の医療機関で導入されています。こちらからシルハを導入している医療機関をチェックしてみてください。

子どもの口臭の原因を知り、対策しよう

子どもの口臭の原因はさまざまです。まずは口呼吸をしていないか、確認してみましょう。鼻づまりや扁桃炎、胃の消化不良の症状がある場合は、それぞれ専門の診療科を受診するようにしましょう。また、口呼吸をしている場合は、「あいうべ体操」や食事の改善などで鼻呼吸へと改善できるように、意識してみてください。子どもの口臭の原因や対策を知り、お子さんの口臭改善に取り組んでくださいね。

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ