生えかけの親知らずが痛い! 原因と起こりやすいトラブルを解説【歯科医師監修】

生えかけの親知らずが痛い! 原因と起こりやすいトラブルを解説【歯科医師監修】

(2022年8月22日更新)
生えかけの親知らずが痛みや炎症を引き起こすケースは多くあります。親知らずがむし歯になっていたり、斜めに生えて隣の歯に影響していたりする場合は、抜歯が必要です。本記事では、生えかけの親知らずが起こしがちなトラブルや、ケアを解説します。

               

生えかけの親知らずが痛む原因

親知らずが生えかけている部分に痛みが生じる原因には、歯ぐきの圧迫や炎症、むし歯などが挙げられます。それぞれの原因と、抜歯が必要かどうかについて詳しくご紹介します。

親知らずが歯ぐきを圧迫している

親知らずが生えてくる時期には個人差があり一般的には20歳前後と言われています。隣の歯や歯ぐきを押しながら生えてくるため、この時期は歯ぐきが圧迫されて痛むことが多いです。
親知らずが真っ直ぐに生えてくる場合、痛みは自然に治まります。横向き(水平)や、斜めの向きに生えてきてしまうと、手前の歯に力が加わり、歯並びに影響が出てしまうことが多いです。この場合は、親知らずを抜いた方が良いでしょう。また、親知らずが埋まっていることで隣の歯の根に侵食している場合は、進行すると治療の難易度が上がってしまうため、早めの処置が必要です。
生えかけの時期が過ぎて、しばらく様子を見て痛みが治まるようであれば、親知らずを抜かなくてもよいケースがあります。また、親知らずを抜くことで神経を傷つけてしまい、神経の麻痺が出る危険性が高いケースなどもあるため、気になる方は歯科医院で見てもらいましょう

むし歯や歯周病、歯ぐきの腫れ

親知らずが生えかけの時期は、歯と歯ぐきの間にすき間ができます。そのため、食べかすなどの汚れが溜まり、細菌が繁殖します。生えかけの部位が痛む場合には、歯ぐきが炎症して腫れていたりむし歯や歯周病になっていたりするかもしれません。
このように、親知らず(智歯(ちし))が原因で、歯肉や歯周組織が炎症する智歯周囲炎(ちししゅういえん)になると、歯ぐきだけではなく、顔が腫れたり顎全体に痛みが生じたり、発熱や倦怠感水が飲みづらくなるなどの症状が現れることもあります。
腫れや痛みを繰り返す場合は、親知らずの周りが不衛生になっている恐れがあります。他の歯に影響を与えないためにも、抜歯が必要です。

むし歯に関しては、こちらの記事も参考にしてみてください。

歯性感染症(しせいかんせんしょう)

歯性感染症は、むし歯歯周病智歯周囲炎が悪化して、顎の組織にまで炎症が広がることで痛みが生じる病気で、顎骨炎(がくこつえん)や、化膿性リンパ節炎などの総称です。
顎骨骨膜炎は顎の骨が口内細菌に感染した病気で、化膿性リンパ節炎はリンパ節が口内細菌に感染した病気です。
歯性感染症は、適切な治療を受けることで炎症が治まりますが、親知らずをそのままにしていると、再発してしまう恐れがあります。抜歯を含めて、親知らずをどうするべきかは歯科医院で相談してくださいね。

生えかけの親知らず 抜くべき? 抜かないべき? 

親知らずが真っ直ぐに生えて、上下の歯がしっかりと噛み合っている場合は、抜歯をしないで温存することが可能です。また、親知らずが顎の骨の中に埋まっている場合でも、異常がなければとくに抜歯は必要ありません。ただし、親知らずを温存していて問題がないかどうかは、自己判断せずに歯科医師と相談しましょう。

親知らずの抜歯については、こちらの記事でご紹介しています。

生えかけの親知らずがもたらす痛み以外のトラブル

生えかけの親知らずが原因で、歯ぐきに炎症やむし歯、歯周病が起こり、痛みの元となる例は多くありますが、そのほかにもトラブルやデメリットがあります。

口臭が発生しやすい

親知らずとその周囲は、汚れが溜まりやすく、不衛生になりがちです。そのため、むし歯だけではなく口臭も発生しやすい傾向にあります。また、歯肉の炎症による膿も、口臭の原因となるため注意が必要です。

口臭に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

歯並びが悪化しやすい

親知らずが横向きや斜めの向きに生えてくると、手前の歯を押し出しながら生えようとするため、手前の歯に対して力が加わります。その結果、他の歯が動いてしまい、歯並びが悪くなってしまうケースもあります。

生えかけの親知らずのケア方法

親知らずの周囲のトラブルを予防するためには、入念なブラッシングが欠かせません。ここからは、生えかけの親知らずをケアする3つの方法をご紹介します。

入念なブラッシングで清潔な状態を維持する

親知らずは歯ブラシが届きにくいため、意識してブラッシングすることが大切です。特に生えかけの親知らずは背が低く、いつも通りに歯を磨くだけでは毛先が届かないことが多いので、注意が必要です。
ブラッシングの際には、歯ブラシの角度を歯列に対して斜め45度程度にします。上手に磨くポイントは、小刻みに歯ブラシを動かすようにすることです。また、ヘッドがコンパクトな歯ブラシを選ぶと、最奥の親知らずに届きやすくなります。
そして、親知らずと接触している手前の歯の背面部分もしっかりと磨く必要があります。

タフトブラシを使用する

生えかけの親知らずに歯ブラシが届きにくい場合や、傾斜して歯肉と被っていたり、隣の歯と接していたりする場合は、タフトブラシがおすすめです。
タフトブラシは、ペンと同じように持ち小刻みに動かしながら磨きます。手前の歯との接触面は、側面をなぞるような感覚で磨いていきましょう。また、歯肉を傷つけないように、優しいタッチで磨くようにしてください。

痛む時は早期に歯科医院を受診する

親知らずが痛んだり腫れたり異常が起こったりしている時には、早めに歯科医院を受診しましょう。洗浄や治療、薬の処方など、適切な処置をしてもらえます。抜歯が必要な生え方の場合でも、すぐには抜歯せずに、炎症が治まってから行うことが多いようです。

生えかけの親知らずが痛む場合は歯科医院の受診を

生えかけの親知らずは、むし歯や歯周病などのトラブルを起こしやすいだけでなく生え方自体に問題があるケースも多いです。親知らずが痛む際や、気になる場合には、放置せずに早めに歯科医院で状態を確認してもらいましょう。

唾液検査「シルハ」で口内環境をチェックしてトラブルの予防を

親知らずは、磨きにくいため口内のトラブルにつながりやすいです。トラブルを予防するには、まずは口内環境を知ることが重要です。唾液検査のシルハは、水で10秒間ほど口をすすぐだけで口内のむし歯菌の活性度酸性度など、歯と歯ぐきの健康度や、口内の清潔度を測ってわかりやすくグラフ表示します。定期的に口内環境をチェックして、親知らずのケアや、痛みの予防に役立ててください。
シルハは全国1,500以上の歯科医院で検査可能です。導入している歯科医院の検索は、こちらから行えます。

監修歯科医師:吉竹啓介先生

東京都中央区京橋駅直結の「京橋 銀座みらい歯科」院長。
2010年神奈川歯科大学 卒業。2014年に医療法人社団港成会 理事に就任し、同年にせたがや歯科室を開設。2020年に京橋 銀座みらい歯科を開設し、翌年移転・名称変更。現在は京橋 銀座みらい歯科として東京スクエアガーデン2Fで診療を行っている。


京橋 銀座みらい歯科さんのホームページはこちら
https://www.miraishika-ginzain.tokyo/

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ