最近、口の中を噛むのは太ったから...? 原因や対策方法を知って改善しよう

最近、口の中を噛むのは太ったから...? 原因や対策方法を知って改善しよう

口の中を噛んでしまうと、痛いだけではなく食事をすることも辛いですよね。口の中を噛む原因は、ストレスや歯並びの他に、体重の増加なども考えられます。この記事では、口の中を噛む原因や対策、噛んでしまった時の対処方法を紹介します。原因と対策方法を知り、口内トラブルに悩まない生活を送りましょう。

口の中を噛む原因

疲労やストレス、頬のたるみ、肥満、歯並び、顎関節症、歯ぎしりなど、口の中を噛んでしまう原因は多岐にわたります。それぞれ詳しく紹介するので、自分に当てはまるものがないかチェックしてみてくださいね。

口の中を噛む原因①疲労や体調不良・ストレス

疲労や体調不良により顎の動きをうまく制御できなくなると、口の中を噛んでしまうことがあります。通常時であれば口の中を噛まないように脳がコントロールしていますが、疲れていると判断が鈍くなり、うっかり噛んでしまうのです。
また、ストレスにより神経障害が起こると、口の中がうまく動かせず、口の中を噛んでしまうこともあります。ストレスが原因で口の中を噛むことが癖になってしまう場合もあるので、疲れやストレスが溜まっている時や体調不良時は、休息を取って体調を整えましょう。

口の中を噛む原因②頬のたるみや体重の増加

加齢とともに頬や頬の内側がたるむことも、口の中を噛んでしまう原因の1つです。加齢に伴う頬のたるみは、表情筋を鍛えることにより防ぐことができる可能性が高まります。また、太ると頬が内側にも張り出すため、どうしても噛みやすくなってしまいます。体重の増加が思い当たる人は、これを機会にダイエットを始めてみるのもおすすめです。

口の中を噛む原因③歯並び

昔から同じ場所を繰り返し噛んでいる人は、歯並びの悪さが原因かもしれません。歯並びが悪いと、頬や舌、唇を噛みやすい傾向にあります。また、歯並びの悪さは噛み合わせにも影響するため、矯正治療をした方が良いでしょう。
歯並びはうつ伏せや頬づえ、偏った噛み癖、舌で歯を押し出す癖など、日頃の習慣が原因で悪くなることもあります。どれか1つでも該当する方は、まずは癖の改善から始めてみましょう。

口の中を噛む原因④顎関節症

顎関節症により、顎の関節がズレたり、噛む筋肉がうまく働かなかったりすると、口の中を噛んでしまうことがあります。顎関節症に心当たりのある人は、治療を行うことで口の中を噛んでしまう回数が減るでしょう。

口の中を噛む原因⑤歯ぎしり

就寝中に口の中を噛んでしまう人は、無意識に歯ぎしりをしているのかもしれません。歯ぎしりによって歯がすり減り、噛み合わせが悪くなるケースがあります。
また、歯ぎしりは顎関節症も引き起こします。
噛み合わせの悪化や顎関節症は、口の中を噛んでしまう原因になるかもしれないので、就寝中の歯ぎしりが思い当たる方はマウスピースで対策をしましょう。
歯ぎしりの原因や対策を詳しく知りたい方は、下記の記事も読んでみてくださいね。

口の中を噛まないようにする対策方法

口の中を噛む原因に疲労やストレスが考えられる方は、それらの解消に取り組みましょう。頬のたるみが原因の方は、顔の運動をして表情筋を鍛えてみてください。ここでは、口の中を噛まないために、今すぐにできる対策方法を紹介します。

疲労やストレスを解消する

生きていく上で、疲れやストレスを全く感じない人はいないかもしれません。しかし、疲労やストレスが原因で口の中を噛んでしまうのであれば、少しでもそれらを解消することが大事です。
すぐに実践できることとして、湯船にゆっくりと浸かることがおすすめです。血流が良くなることで体のデトックス効果が期待でき、さらに全身の緊張がゆるむことで体も心もリラックスすることができます。また運動には、ストレスを解消するホルモンの分泌を促す効果があります。軽い運動でも構わないので、無理をしない程度に日常生活に取り入れてみてください。

脳を活性化させる

先述したように、普段口の中を噛まないのは、脳が顎の動きをコントロールしていことが理由の1つです。そのため脳が活性化していると、疲労感やストレスが溜まっていたとしても口の中を噛まないようにコントロールすることができます。脳を活性化させるには、ガムを噛むことがおすすめです。ガムを噛むと脳内の血流が増え、脳の活性化につながります。
また、ガムを約20分間噛み続けることで、精神を安定させる働きのあるセロトニンが分泌されると言われています。セロトニンの分泌によって、ストレスも軽減できるかもしれません。

表情筋を鍛える

表情筋を鍛えることも、対策になります。表情筋を鍛える体操を1日に1回は取り入れましょう。口の中を噛んでしまうことへの対策になるだけではなく、口角が上がり、より素敵な笑顔ができるようになるはずです。
<表情筋の鍛え方>
  1. 口を上下に大きく開けて、10秒間キープ
  2. 上下に大きく開けたまま、口角を横に引いて10秒間キープ
  3. 口を閉じて、口角を横に引いて10秒間キープ
  4. 口を閉じたまま、口角を下に引いて10秒間キープ
  5. 上を向いて舌を上へ突き出して10秒間キープ
  6. 最後に笑顔を作り、10秒間キープしたら終了

口の中を噛んでしまった時の対処方法

口の中を噛んでしまった後は、口内炎にならないように対処しましょう。ビタミンの摂取やうがい、十分な睡眠が有効です。口の中を噛んでしまった時の対処方法を紹介します。

口の中を清潔に保つ

口の中を噛んでしまった時は、雑菌の繁殖を防ぐため、いつも以上に口内を清潔にするように心がけましょう。うがいの回数を増やして、歯磨きもしっかりと行ってください。患部はデリケートな状態なので、歯磨き粉はなるべく刺激の少ないものを使うと良いでしょう。
歯磨きの正しい方法は、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

ビタミンを摂取する

噛んだところが炎症を起こし、口内炎になるのを防ぐためにも、ビタミンを積極的に摂取しましょう。口内炎の予防だけではなく、治癒の手助けをしてくれるのが、ビタミンAとビタミンC、そしてビタミンB群です。
ビタミンAは免疫力を高め、ビタミンCは細胞の修復、成長に作用します。また、ビタミンB群にはB1・B2・B6があり、相互に助け合って働くため、同時に摂取することが理想的です。B1・B2・B6を共通に含んでいる牛乳や卵、海藻を摂取すると良いですよ。
<口内炎を予防する食材>
  • ビタミンA:レバー、卵、ホウレンソウ、にんじん、カボチャ
  • ビタミンC:ピーマン、ブロッコリー、いちご、レモン、キャベツ
  • ビタミンB1:豚肉、豆類、ホウレンソウ、ごま、アジ、サバ
  • ビタミンB2:レバー、うなぎ、サバ、イワシ、海藻、卵、大豆製品
  • ビタミンB6:レバー、魚の赤味、じゃがいも、牛乳、チーズ、バナナ
口内炎の原因やケア方法を知りたい方は、こちらの記事もチェックしてくださいね。

刺激が強いものや糖質を多く含む食べ物には気を付ける

口の中を噛んでしまった時は、刺激を与える飲食物を控えます。香辛料や塩気、酸味が強い料理、炭酸飲料や炭酸系のアルコール飲料は控えましょう。熱すぎる、または冷たすぎる食べ物も刺激になるので注意してください。
また、ご飯やパン、麺類、甘いお菓子などの糖質を多く含むものは、分解時にビタミンBを消費します。ビタミンBの不足を防ぐために、糖質を多く含むものを食べすぎないように気を付けましょう。

口の中を繰り返し噛んでしまう人は、歯科医院を受診しよう

同じ場所を繰り返し噛んでしまうことに悩まれている方も多いのではないでしょうか。ここでは、1度噛んだ場所を繰り返し噛んでしまう原因と、歯科医院や口腔外科で簡単に受けられる唾液検査シルハについてご紹介します。

1度噛んだ場所は繰り返し噛みやすい

噛んでしまった部分は粘膜が腫れ、再び噛みやすい状態になっています。噛んだところを放置すると菌が侵入してしまい、さらに大きく腫れることも。繰り返し同じ場所を噛み続けると、修復が追い付かず腫瘍になる恐れもあります。
また、ごくまれに、腫瘍の切除手術が必要になるケースもあるので注意が必要です。歯並びや顎関節症が原因で口の中を噛んでしまう人は、できるだけ早く口腔外科や歯科医院で治療を受けてくださいね。

唾液検査をして口内環境を把握しよう

歯科医院や口腔外科で診てもらう際は、唾液検査シルハも一緒に行ってみてください。シルハは口の中を10秒すすぐだけで、むし歯菌の活性度や、歯を溶かす酸の強さがわかる酸性度、酸に対する防御力の緩衝能、口内の炎症がわかる白血球、タンパク質の量、口内清潔度の指標となるアンモニアの6項目を検査・測定できます。
下記サイトから、かかりつけの歯科医院でシルハが導入されているかチェック可能です。サイトに記載がない医療機関でもシルハを導入している場合があるので、「シルハの唾液検査は利用できますか? 」と聞いてみてくださいね。

口の中を噛む原因を知り、それに合った対策をしよう

口の中を噛んでしまう原因は、人によってさまざまです。まずは、なぜ口の中を噛んでしまったのか原因を追究しましょう。原因がわかったら、それに合う対策や対処を行うことが大切です。また、歯科医院を受診することも検討してくださいね。

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ