歯間ブラシで血が出るのはおかしい? 正しい使い方で口内環境を改善しよう

歯間ブラシで血が出るのはおかしい? 正しい使い方で口内環境を改善しよう

歯間ブラシは、口内環境をより清潔に保つために役立つアイテムです。とはいえ、使用時の出血や歯間の広がりなどを不安に思う人も少なくないでしょう。本記事では、歯間ブラシの種類や選び方を紹介しながら、正しい使い方を解説。歯間ブラシの使用で得られる効果についても、あわせてお伝えしていきます。

歯間ブラシの種類と特徴、サイズの選び方

歯間ブラシには種類や特徴があります。歯と歯のすき間や歯並びには個人差があるため、それぞれに合ったブラシ選びが重要です。まずは歯間ブラシの種類や特徴について解説します。

持ち手の形

歯間ブラシの持ち手には、いくつか種類があります。大きく分けると、持ち手がI字型(ストレート)になったタイプ、直角に曲がったL字型になったタイプ(アングル)、緩やかなカーブがかかったタイプ(カーブ)などです。

毛先の形・種類

毛先は2種類で、ゴム製のタイプと、金属製のワイヤーにナイロンのブラシがついたものがあります。毛先の形も大きく3種類に分かれていて、ストレート、テーパー(逆三角形)、バレル(楕円形)といった形があります。
ドラッグストアなどで売られている歯間ブラシのほとんどは、毛先がストレートタイプです。ストレートタイプは、比較的リーズナブルに購入できる傾向にあります。

それぞれの特徴

歯間ブラシは、持ち手や毛先の違いによってそれぞれ特徴が異なっています。持ち手部分がL字型、またはカーブしているタイプは、奥歯の歯垢を取り除くのに操作しやすいです。持ち手部分がストレートなI字型は、前歯の歯垢を取り除くのに操作しやすいと言われています。
また、毛先に関しては、素材がやわらかいゴム製が初心者でも扱いやすいでしょう。それに比べ、金属のワイヤーにナイロンのブラシがついたものは、清掃能力は高いのですが、慣れていないと少々扱いづらさがあります。間違った使い方をすると、歯や歯ぐきを傷つけてしまう恐れもあるので注意が必要です。

サイズの選び方

⻭間ブラシは4Sの小さいものからLサイズの大きなものまで、幅広いサイズがあります。それぞれのサイズが歯の隙間を通る、最小通過径の目安は以下の通りです。
サイズ 最小通過径
4S ~0.6mm
SSS 〜0.8mm
SS 0.8〜1.0mm
S 1.0〜1.2mm
M 1.2〜1.5mm
L 1.5~1.8mm
購入する際は、自分の⻭間部の⼤きさに合わせてブラシのサイズを選ぶのがポイントです。初めて歯間ブラシを使う人は、⼩さいサイズの4S、SSSなどから試すのがおすすめです。4SやSSSでも歯間に挿⼊できない場合は、デンタルフロスを使⽤してみましょう。

歯間ブラシを使うメリットと注意点

歯間ブラシを使用する際に出血して怖くなった、という人もいるかもしれません。しかし、歯間ブラシは正しく使えば多くのメリットが得られるアイテムです。ここでは、歯間ブラシを使うメリットと使用時の注意点を紹介します。

歯間ブラシを使うメリット

歯と歯の間は、歯ブラシだけでは磨きづらい部分です。しっかり磨けず歯垢が残ったままの状態だと、むし歯や歯周病が発生しやすくなります。歯間ブラシは、歯ブラシだけでは行き届かない場所の歯垢を除去する役割を担えるのです。
ある実験によると、歯間部に付いた歯垢は、歯ブラシだけでは約6割しか取り除けなかったそうです。次に歯間ブラシを併用すると、9割程度の歯垢を取り除けました。歯間ブラシと歯ブラシの両方を使って歯垢をキレイに取り除くことで、むし歯や歯周病などの口内トラブルを防げる可能性が高まるでしょう。

歯間ブラシを使う際の注意点

歯間ブラシの中には、初めて使う人では扱いにくい素材のものもあります。また、歯間に合ったサイズのブラシを使わなければ、歯や歯肉を傷つけてしまう恐れも。そうならないためにも、自分の歯間に合ったサイズを選び、力を無理に入れなくても差し込めるものを選ぶことが大切です。素材も、やわらかいゴム製のブラシから挑戦するのが望ましいでしょう。

歯間ブラシの正しい使い方とコツ

歯間ブラシの特徴や効果を知った後は、正しい使い方を確認しましょう。正しい手順と使い方をマスターすれば、清潔な口内環境への第一歩を踏み出せます。

使い方①鏡を見ながら歯間にゆっくり差し込む

歯間ブラシで歯や歯ぐきを傷つけてしまわないように、鏡を見ながら丁寧に行うことが大切です。ブラシを鉛筆と同じように持つと操作しやすくなります。ブラシを手にとったら、歯間にゆっくり斜めに差し込みましょう。

使い方②歯間ブラシは水平に、複数回往復させる

歯間ブラシを水平にし、歯面に合わせて2回〜3回、往復させながら清掃します。続いて、隣り合う歯それぞれにも軽く当てて清掃していきます。

使い方③使用済の歯間ブラシは洗浄して保管する

歯間ブラシを使い終わったら流水でキレイに洗い、風通しの良い場所で保管してください。多くの歯間ブラシは繰り返し使えますが、商品によっては使い捨てのものもあります。自分が使っている商品に合わせて洗浄、保管の有無は見極めるようにしましょう。

奥歯の歯垢を上手に取り除くコツ

奥歯への歯間ブラシ挿入は見えづらく難しいので、手鏡などを見ながらゆっくり差し込むのがコツです。奥歯の外側から差し込む場合は、大きく口を開けると頬と歯の隙間が狭くなるので、軽めに口を開けるとやりやすくなります。奥歯の外側と合わせて内側からも使用すると、より効果的に汚れを除去できるはずです。

歯間ブラシにまつわるQ&A

その他、歯間ブラシにまつわる“よくある疑問”を紹介します。デンタルフロスとの違いや、歯ぐきへの影響などを確認していきましょう。

Q.歯間ブラシはいつ使うの?

歯間ブラシは、歯磨き前に使うのがおすすめです。歯間ブラシを使った後は、歯間ブラシの先端に付着した食べカスが歯にくっつくことがあるため、歯間ブラシ後に歯磨きをしてキレイな状態にしましょう。頻度は1日1回で十分で、使用するタイミングは就寝時の歯磨き前がベターです。

Q.デンタルフロスとは何が違うの?

歯間ブラシとデンタルフロスは、同様の口内清掃器具ですが、大きさや使い方に違いがあります。歯間ブラシは、広い歯間部を効率的に清掃できるもの。一方のデンタルフロスは歯間が狭いところや、歯列不正の場所も清掃できるものです。
ちなみに、歯ブラシと併用した時の歯間部のプラーク除去効果は、デンタルフロスよりも歯間ブラシの方が少し高い傾向にあります。これは、歯間ブラシの方が大きさがあり、毛量が多いことが理由です。

Q.歯間ブラシを使うと出血するけど大丈夫?

自分の歯間に合わない歯間ブラシを使用した場合や、使用初期には出血する場合があります。歯間ブラシは歯間を掃除するものなので、あえて歯ぐきに触れる必要はありませんが、使用時は少なからず歯ぐきに触れます。
また、サイズが合っているにもかかわらず、歯間ブラシが歯ぐきに触れて出血する場合は、歯肉炎など、歯ぐきに炎症があることも考えられるでしょう。出血が続く、痛みがあるようなら歯科医院で相談してください。

Q.歯間ブラシを使っても歯ぐきは広がったり下がったりしない?

詰まっていた歯垢が取れて、歯ぐきの状態が良くなることで引き締まり、広がって感じることがあるかもしれません。歯間サイズに合った歯間ブラシを正しく使っていれば、歯ぐきが広がる心配はないとされます。
ただし、自分の歯間に合っていない歯間ブラシを使用し続けると、歯ぐきが退縮することはあります。歯ぐきを守るためにも、サイズ選びは慎重に行いましょう。

Q.歯間ブラシを取り替えるタイミングは?

使用する部位数や頻度によって異なりますが、毛が乱れる、またはワイヤーが曲がりやすくなったら交換時期だと言えます。一般的に金属製ワイヤーのナイロン歯間ブラシは一週間、シリコン製は使い捨てるのが目安です。

Q.歯周病やむし歯の治療中でも使える?

歯間ブラシは、歯周病やむし歯などの治療中でも使用可能です。ただし、既に歯ぐきが退縮している人が歯間ブラシを使うと、歯肉をさらに押し下げてしまう恐れがあるので注意が必要です。歯周病の切開手術のような治療後も、傷口が広がる恐れがあります。どちらの場合も、歯科医師に相談してからの使用が望ましいでしょう。

唾液検査シルハで口内環境の清潔度を数値化しよう

歯間ブラシを使って目に見える汚れを除去したら、目に見えない細菌にも注意を払いたいところ。シルハは水で10秒すすぐだけで、口内環境に関する6つの項目を数値化できる唾液検査です。むし歯菌の活性度を始め、酸に対する防御力の緩衝能や、口内清潔度の指標となるアンモニアなどを測定できます。検査結果をもとに、歯科医師から課題に応じたアドバイスを受けられるでしょう。
唾液検査シルハは全国で受けられるので、自宅に近い歯科医院を探してみてください。

歯間ブラシの使い方をマスターして、口内環境をより清潔に

歯間ブラシは自分に合ったサイズを選び、正しい使い方で使用すればメリットばかりです。この記事で紹介した歯間ブラシの特徴や、使い方を参考にしながら日々のケアに取り入れてください。また、唾液検査シルハを併用し、より清潔な口内環境に改善していきましょう。

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ