自宅でのホワイトニングでも歯は白くなる? 気になる効果や注意点を紹介

自宅でのホワイトニングでも歯は白くなる? 気になる効果や注意点を紹介

歯のホワイトニングに興味はあるけれど、何をすれば良いかわからないという人も多いのではないでしょうか? この記事ではホワイトニングの種類を紹介しながら、自宅でのホワイトニングの効果、注意点などを紹介します。目指す歯の白さと、各ホワイトニングの効果や費用を比べて、自分に合ったホワイトニングがどれかチェックしてみてください。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングとは、歯を削ったり溶かしたりせず、着色物を分解してナチュラルな白さへと誘導する施術です。大きく分けると、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」、自宅で行う「ホームホワイトニング」、この2つを併用して行う「デュアルホワイトニング」があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングを指します。専用の薬剤を塗り、LEDやレーザーを使って歯を白くする方法で、「過酸化水素」を使うのが特徴です。
過酸化水素は、簡単に言うとオキシドールの濃いもので、傷口の消毒や漂白剤の成分にも利用されるほど殺菌・漂白効果があります。短時間で効果を感じやすいですが、取り扱い方を間違えると危険なので「歯科医師もしくは歯科医師の指導の下、歯科衛生士が処置すること」と薬事法で定められています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、名前の通り、自宅で行うホワイトニングを指します。ホームホワイトニングを始めるには、歯科医院で歯型を取り、マウスピースの作成が必要です。マウスピースが完成したら歯科医師や歯科衛生士から利用方法の指導を受け、その後は自宅にてホワイトニングを進めます。完成したマウスピースにホワイトニング用の薬剤を入れ装着すれば、自分でも簡単にホワイトニングできます。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するホワイトニングです。短期間で歯の白さを期待でき、効果も長持ちしやすいと言われています。歯科医院によってプランは異なりますが、オフィスホワイトニングを2回以上、ホームホワイトニングを毎日行うと効果を実感できるでしょう。

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングは、歯科医院で行なうオフィスホワイトニングや、歯科の指導の下で行なうホームホワイトニングと異なり、自分自身で行なうホワイトニングを指します。安価にできることが大きな特徴ですが、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングとは違って、漂白効果のある薬剤を使用しません。歯そのものを白くするのではなく、歯の表面の着色汚れを落とす効果があります。

ホームホワイトニングの特徴や効果

自宅でできるホームホワイトニングは、自分のタイミングで取り入れることができ、ナチュラルな白さが持続するなどの特徴があります。

自分の好きなタイミングでできる

2~4週間を目安に、マウスピースに薬剤を塗布して1日2時間装着します。
部屋の片付けをしながら、テレビを見ながら、ストレッチをしながらなど、自分の好きなタイミングで取り入れられるので、忙しい人にもおすすめです。

ナチュラルな白さになる

オフィスホワイトニングは、数少ない施術で短時間のうちに歯を白くすることを目標にしています。そのため、“表面”の黄ばみを短時間で落とすことに長けていますが、歯の内部から発生する黄ばみまでは落とすことができません。
一方ホームホワイトニングは、低濃度の薬剤を使用して、歯の内部からじっくり時間をかけて漂白します。そのため、歯の表面・内部どちらにも効果を発揮し、歯本来の白さが期待できます。

白さが持続する

オフィスホワイトニングはすばやく効果が実感できますが、白さを持続できる期間は3~6ヵ月程度です。それに比べるとホームホワイトニングは効果の実感はゆるやかですが、歯の内部まで細密に色素分解するため、持続期間は1~2年間程度と、オフィスホワイトニングに比べて長期間白さを維持できます。

ホームホワイトニングの注意点

ホームホワイトニングの効果を実感するためには注意点を理解し正しく行うことが大切です。

時間と回数を守る

歯科医院でのマウスピース作成時には、1日のホワイトニング回数、所要時間の指導があります。指示された方法を正しく実践することが大切です。回数や時間が少なすぎると効果が得られず、多すぎても知覚過敏のような歯のトラブルを引き起こす恐れがあります。

ホワイトニング直後は食事をしない

もう一つの注意点は、ホワイトニング直後は飲食しないことです。30分から1時間は何も口にしないようにし、3、4時間後も着色しやすい飲食物はできるだけ避ける方が良いでしょう。避けるべきなのは、赤ワインや紅茶、コーヒー、ココア、ウーロン茶などの飲み物と、色素の強い野菜やカレー、ぶどう、チョコレートなどの食べ物、柑橘類やお酢などの酸性の飲食物です。

ホワイトニングは目指す白さや費用でセレクト

一般的に、歯の白さは15段階に分けられています。日本人の平均は一番白い歯から数えて9番目とされており、ホワイトニングによってトーンアップ(より白い歯にすること)が期待できます。各ホワイトニングでトーンアップできる段階、費用が異なるため、自分の目指す姿に合わせた方法を取り入れましょう。

まずはもっとも低価格で気軽な「歯磨き剤」から取り入れる

「歯の着色が気になり出した」「手軽に歯を白くしたい」という人におすすめなのが、研磨剤の入った歯磨き粉を使うホワイトニングです。研磨剤は、多くの歯磨き剤に含まれる成分のひとつです。歯の表面にあるエナメル質に付着した汚れや、歯の表面の着色を落とす作用があり、歯の表面をツルツルにしてくれる効果もあります。
価格も1本300円から1,500円程度など幅広く揃っています。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングに比べると比較的リーズナブルで挑戦しやすいですよ。

コントロールがしやすい「ホームホワイトニング」

ホームホワイトニングにかかる費用は、オフィスホワイトニングと比べるとリーズナブルです。ホワイトニング前のカウンセリングやマウスピースの作成、薬剤などの初期費用を含めトータルで平均15,000円から30,000円程度とされており、薬剤の追加やメンテナンスの回数によって費用が変動します。効果の目安は、2週間で4段階程明るくなると言われています。やや即効性は欠けるものの、自分の生活に合ったペースで自宅で行えることがポイントです。

素早く白さが期待できる「オフィスホワイトニング」

施術回数によっても変動しますが、オフィスホワイトニングの平均費用は1回あたり15,000円から50,000円です。トーンアップの目安は2段階から6段階ですが、施術を行うクリニックによっては、1度で最大9段階の白さアップを目指せるメニューもあります。ホームホワイトニングと比べるとコストはかかりますが、即効性、歯科医の手によるムラのない均一な白さを期待する人におすすめです。

輝く白さを実感「デュアルホワイトニング」

デュアルホワイトニングは2つのホワイトニングを併用するため、その分コストも高くなり、白さが完成するまでの費用の平均相場は60,000円~80,000円程度です。効果の目安は、それぞれの回数頻度によって異なるため、はっきりとは言えませんが、オフィスホワイトニングの段階を上回る白さを期待できるでしょう。持続性も高いので、徹底的に「白い歯を目指したい」と言う人におすすめです。

ホワイトニングと一緒に唾液検査「シルハ」もおすすめ

ホワイトニングで白く美しい歯を手に入れても、歯磨きなどの日頃のオーラルケアが不十分な場合、再び着色してしまいやすくなります。また、白さだけを追求せず、口内の健康を保つためにも口内環境を整えることが重要だと言えます。そこでおすすめなのが、口内の健康状態がチェックできる唾液検査「シルハ」。水で口をすすぐだけで口内環境に関わる6つの項目(むし歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニア)をチェックできる唾液検査です。
全国で1,000件以上の医療機関に導入されており、検査後には歯科医師が結果に応じたアドバイスも行ってくれるので、歯周病や口臭などの口内トラブルの予防にもなります。

自分が納得できるホワイトニングに挑戦しよう

ホワイトニングで目指す白さや、かけられる費用はそれぞれ違うはず。オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング、それぞれに魅力があるので、自分の納得できるホワイトニング方法を選んでください。

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ