歯にこびりつく歯石の正体とは。歯垢との違いや歯石を防ぐケアも解説

歯にこびりつく歯石の正体とは。歯垢との違いや歯石を防ぐケアも解説

歯と歯の隙間や歯ぐきとの境目にこびりついた白や黒のかたまり。歯磨きをしても取れず、困っていませんか? その正体は、歯石です。見えやすい場所だけでなく、歯ぐきの内側や前歯の裏側などにもつきやすく、歯石があるとむし歯や歯周病などのリスクが高まります。歯石とはどういうものなのか、どうすれば防げるのか解説していきます。

歯石とは

歯石と歯垢はよく耳にしますが、異なるものです。まずは歯石がどういったものなのか、どんな種類があるのかを解説していきます。

歯石とは「歯垢が石灰化」したもの

歯石とは、歯垢が石灰化したものであり、唾液に含まれるカルシウムやリン酸が歯垢に沈着して石のように硬くなったものを言います。個人差はありますが、2日から2週間程度で歯垢から歯石へと変化するとされています。歯石になってしまうと、日常での歯磨きでは除去できません。

歯石は2種類ある

歯石は「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。
歯肉縁上歯石とは、歯肉より上にある、白色もしくは黄色っぽい歯石のことです。唾液に含まれるリン酸カルシウムが歯垢と反応してつくられます。
歯肉縁下歯石とは、歯周ポケットに面した歯根面に付着した黒色の歯石のことです。ミネラルが沈着することで、歯周ポケットの歯垢が石灰化して形成されます。

歯石は歯磨きでは取れない

歯石は石のように硬くなっているので、歯ブラシで磨いた程度では除去できません。そしてやっかいなことに、歯石上に付着した細菌も取れません。細菌を落とすためには、歯石ごと除去する必要があります。
歯石は手が届きにくい箇所にできる場合も多く、無理に自分で取ろうとするのは危険なので、歯科医院で除去してもらうのが一番です。

歯石は唾液の出口付近に付着しやすい

歯石は、上述したように唾液に含まれるカルシウムやリン酸によって形成されています。その理由から、唾液の主な出口がある「上あごの奥歯外側」や「下あごの前歯内側」付近につきやすくなっています。

歯石を放置することで生じるリスク

歯石は、むし歯や歯周病を引き起こす細菌の温床になります。歯石をそのまま放置していると、他にもさまざまな口内トラブルを引き起こします。

むし歯や歯周病

歯石の表面は、石のようなでこぼこ状態なので細菌がより付着、繁殖しやすい状態になっています。歯石自体に病原性はないものの、細菌が増えることによって、むし歯や歯周病などリスクが高まります。むし歯や歯周病にならないためにも、歯石は除去するべきです。

口臭

歯石を放置すると口臭の原因にもなってしまう恐れがあります。歯石を除去しない限り、残念ながら口臭もなくなりません。そのため、歯石は歯科医院で定期的に取り除いてもらう必要があります。

歯科医院で行う歯石除去の手順や費用

「歯科医院での歯石除去を考えているけど、何をするのかわからなくて怖い」と思う人もいるのではないでしょうか。そこで歯科医院で行う歯石除去の手順やかかる費用を解説していきます。

1. スケーリング

スケーリングとは、歯科医師や歯科衛生士が歯に付着した歯垢や歯石を取り除くことを言います。除去に使うのは、スケーラーと呼ばれる専用器具です。用途や部位によって様々な種類のスケーラーを使い分けながら歯石を取り除いていきます。

2. ルートプレーニング

スケーリングで歯の表面の歯石を除去した後はルートプレーニングをします。これは歯根表面に付着した歯石を取り除き、汚くなった歯根面を滑らかで艶やかにする処置のことです。
ルートプレーニングは、歯周ポケットに入り込める専用の器具を使って行います。器具が歯肉に当たって痛みを感じたり、歯がしみたりする場合には、局所麻酔をして行う場合もあります。

3. フラップ手術

スケーリングやルートプレーニングなどで基本的な歯周治療をした後、歯肉の状態やポケットの深さをチェックしていきます。治療を行っても歯周ポケットが深く、改善が見られない場合は、歯肉縁下歯石の取り残しの恐れがあります。
その際に行うのは、歯肉を剥離させる「フラップ手術」という外科手術です。歯根を露出させるのは、歯肉縁下歯石を直に見て、徹底的に歯石を取り除くためです。

歯石除去は「保険適用」が可能

「悪くなる前に防ぐ」を目的にした予防歯科が近年注目されています。これまで予防歯科は保険適応外でしたが、2020年の診療報酬改定で保険適用になりました。
歯石除去も予防歯科の1つに数えられます。歯周病やむし歯の検査をして、歯石除去の必要があれば保険治療が可能です。初診費用や検査、レントゲン費用を含めてかかる費用は平均3,500円程度です。

歯石除去は半年に1回が目安

歯石は一度取り除いても繰り返し付着してしまうものです。セルフケアに力を入れている人も、口内の健康状態を知るためにも、歯科医院での定期検診を受診するのがおすすめです。歯石除去の目安は、半年に1回が望ましいでしょう。

歯石を防ぐためのホームケア

さまざまな方法を実践すれば、ある程度歯石を防げます。ここでは注意するポイントやケア方法について紹介します。

食事後はすぐに歯磨きをする

口内に食べ物のカスが残ったままだと、細菌は、口内に残った食べかすや、口の粘膜からはがれた細胞、歯肉から滲み出る浸出液をエサにして増殖してしまいます。歯磨きは口内環境を清潔に保つ基本なので、食事した後にはできるだけ早く歯磨きをすることが大切です。

デンタルフロスやマウスウォッシュを併用する

歯磨きだけでは、歯ブラシが届きにくい歯と歯の間に磨き残しが出る場合もあります。より口内環境を清潔に保つためには、デンタルフロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュを併用するのがおすすめです(1日1回が目安)。
マウスウォッシュは液体なので、歯ブラシやデンタルフロスなどが届きにくい部分にも入り込めます。殺菌作用のあるものを使用すると、より口内を清潔にケアできますよ。

糖分摂取を控える

むし歯菌の主な原因菌であるミュータンス菌は、砂糖に代表される糖質をエサにして、ネバネバした物質(グルカン)をつくり、歯の表面に付着します。そして粘着性のあるグルカンに細菌が付着して成長し、大きなかたまりになります。そのかたまりが歯垢です。
またミュータンス菌は、歯垢中で糖分を分解して酸をつくります。この酸により歯の表面のカルシウムが溶け出し、むし歯ができるのです。このように、糖はさまざまな口内トラブルの原因にもなりがちなので、糖分摂取はできるだけ控えるのが良いでしょう。

歯石予防にもおすすめの唾液検査「シルハ」

歯石ケアにもおすすめなのが、口内環境の健康のチェックです。シルハとは、お水で口をすすぐだけで口内環境に関する6つの項目が測定できる唾液検査です。むし歯の原因となる細菌の活性度などがわかるので、自分の口に合わせた対策が取れます。それだけでなく、口臭や歯ぐきの炎症などの口内トラブル防止にもつながるので、ストレスのない口内環境づくりをサポートしてくれますよ。
シルハは全国の医療機関等で検査できます。シルハで検査ができるところはこちらをチェックしてみてくださいね。

歯石を取り除き、健康な口内環境を実現しよう

歯石を放置すれば、むし歯や歯周病などの口内環境のトラブルにつながるため、しっかりとしたケアが必要です。歯石になる前に正しく歯磨きして、歯垢を取り除いてください。もしも歯石になってしまっているのであれば、歯科医院で除去してもらい、健康的な口内環境を目指しましょう。

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ