口臭ケア用品は原因やシーン別に選ぶのがおすすめ。正しいケアで爽やかな息をキープしよう

口臭ケア用品は原因やシーン別に選ぶのがおすすめ。正しいケアで爽やかな息をキープしよう

口臭ケア用品にはさまざまな製品があり、どれを使えばいいのか悩みますよね。口臭ケア用品は、原因を除去するものや一時的に使う即効性のあるものなど、原因やシーン別に選んでケアすることがおすすめです。本記事では、口臭の主な原因と口臭ケア用品の選び方、原因やシーン別に適する口臭ケア用品についてご紹介します。

口臭ケアをする前にチェック! 口臭の主な原因とは? 

どのような原因で口臭が発生するのかを知っておくと、ケアがしやすくなります。まずは口臭の主な原因について見ていきましょう。

口内の汚れ

食後に歯を磨かなかったり、磨き残しがあったりすると、口の中に食べかすが残ります。時間が経つことで食べかすが腐敗し、ニオイの強いガスを発生します。特に歯と歯の間に詰まった食べかすは取り除きにくく、細菌が繁殖して歯垢となり、ニオイの原因にもなるのです。

口内の乾燥

唾液には細菌の増殖を抑えたり、口の中を洗い流したりする作用があるため、唾液の分泌が減少すると口内が不衛生になります。また、唾液の分泌が減少し、口内が乾燥することで細菌が増殖しやすくなり、口臭が発生します。特に、朝起きたばかりの時や空腹時は、口内が乾燥しているためニオイが強くなります。口内が乾燥する症状が見られる口腔乾燥症(ドライマウス)でも、口臭が強くなる傾向があります。

ニオイの強い食品・嗜好品の摂取

ニンニク・ネギなどのニオイが強い食べ物を食べた後や、飲酒や喫煙の後には口臭が強くなります。これらの口臭は、時間が経てばニオイが収まることがほとんどで、一時的なものです。

舌苔

舌の表面に付いた白っぽい苔のようなものを舌苔と言います。舌苔の正体は歯垢と同じく細菌のかたまりです。口臭の原因の多くが舌苔だと言われています。

むし歯・歯周病

むし歯の穴の中に食べかすや歯垢が溜まると、ニオイを発します。更にむし歯が進行して神経が腐ってしまうと、より強いニオイを放ちます。また、歯周病も口臭の原因となり得る病気で、進行すると歯ぐきが膿んで出血し、膿のニオイがすることもあります。歯磨き時に出血したり、自覚がないのに口臭を指摘されたりしたら、歯周病の可能性があるので注意しましょう。むし歯と歯周病は、歯科医院での治療が必要です。

腸内環境の乱れ

口臭の原因が、腸内に潜む悪玉菌によって放出される悪臭物質である場合もあります。成人になると腸内の善玉菌の割合はわずか20%になり、その後は加齢とともに悪玉菌の割合が増えていくと言われています。食生活の乱れや油っこい食事が続いた場合、悪玉菌が増えやすくなり、結果として口臭につながることもあるようです。

口臭ケア用品のおすすめの選び方

口臭ケア用品は、口臭の原因や毎日のルーティーンに合ったものを選ぶのがおすすめです。

選び方①口臭の原因で選ぶ

口臭は口内の不衛生が原因である場合が多いため、歯ぐきの隙間の歯垢や舌苔を除去するなど、口内をよりキレイにするためのケア用品を選んでください。口内の乾燥には、マウスウォッシュなど口内を潤す効果が期待できるものを選ぶと良いでしょう。ニオイの強い食品・嗜好品の摂取後に使うマスキング効果(一時的に口臭の上に別の香りをかぶせる)のあるものや、腸内環境を整えることを目的とするものもあります。

選び方②日常のシーンで選ぶ

1日のうちでも口臭の強さは異なります。起床後・日中・就寝前、それぞれに適したケア用品を選ぶと良いでしょう。また、外出先で歯磨きができない場合は、携帯しやすく即効性があり、マスキング効果があるものが便利です。

【口臭の原因別】おすすめのケア用品

口臭を予防するには、原因を取り除くことが大切です。むし歯や歯周病など病気が関係する口臭は、歯科医院での治療が必要ですが、日常の口臭ケアは、ドラッグストアなどで手に入る製品でできます。次に、日常に使える口臭ケア用品を原因別に見ていきましょう。    

口内の汚れ:ブラッシング用品・歯磨き粉・マウスウォッシュ

口内の不衛生が原因である場合、毎日のケアで口内を清潔にすることが大切です。磨き残しがないように、歯ブラシの他に歯間ブラシやデンタルフロスを使って、しっかりと汚れや食べかすを落とし、仕上げとしてマウスウォッシュを使うのを習慣づけましょう。口臭・むし歯・歯周病の予防効果が期待できる歯磨き粉やマウスウォッシュを使うこともおすすめです。

口内の乾燥:ガム・マウススプレー・マウスウォッシュ

よく噛んで食べると口周りの筋肉が刺激され、唾液の分泌が促されます。ガムを噛んで唾液の分泌を促すことも1つの方法です。硬めで、口臭予防効果が期待できる成分を含むガムを選ぶと良いでしょう。ミントやフルーツ系のガムは、清涼感がありマスキング効果も期待できます。シュガーレスなら、むし歯予防にも有効です。マウスウォッシュも使うとより口内が潤います。

ニオイの強い食品の摂取:タブレット・マウススプレー

ニオイの強い食品による口臭は、歯磨きや時間の経過で収まりますが、気になることも多いでしょう。一時的にケアをしたい場合は、マスキング効果があるタブレットやマウススプレーが効果的です。

舌苔:舌苔ブラシ・舌専用クリーニングジェル

舌苔の掃除に歯ブラシを使うと舌を傷つける可能性があるため、専用の舌ブラシを使いましょう。歯磨き粉で代用せずに、殺菌成分や保湿成分が配合され、舌苔が除去できる専用のクリーニングジェルを一緒に使うと、より効果が期待できます。

腸内環境の乱れ:口臭サプリ

口内のケアをしても口臭が気になる人には、腸内環境を整える口臭サプリを使うこともおすすめです。腸内細菌に働きかける成分を含むサプリメントを継続的に摂ることで、体の中から口臭にアプローチできます。

【シーン別】おすすめ口臭ケア用品

1日のうちで特に口臭がきつく感じる時間帯や、外出先で歯を磨くことができずに口臭が気になる場合もあると思います。次に、シーン別におすすめの口臭ケア用品をご紹介します。

起床時:舌ブラシ・クリーニングジェル

歯磨きに加えて舌を磨くことは、口臭予防に効果的です。1日の中で最も口臭が強いのは、起床時とされています。睡眠中は唾液の分泌が減るため、細菌が口内で増殖し、舌の表面に舌苔が付きやすくなります。1日1回、起床後に舌苔ブラシと専用のクリーニングジェルを使った舌苔ケアを習慣にすると良いでしょう。

日中:ガム

日中にも時折、口内が乾燥することがあります。水分をこまめに摂り口内を潤すことも大切ですが、ガムを噛んで唾液分泌を促すと、口内を潤すだけでなく唾液の持つ抗菌作用なども期待できるため、より効果的です。

食後・就寝前:ブラッシング用品・歯磨き粉・マウスウォッシュ

食後や就寝前は、しっかりと口内の汚れを取り除きましょう。歯磨き粉を使って歯ブラシでブラッシングをした後、歯間ブラシ・デンタルフロスで歯間をキレイにして、最後にマウスウォッシュで仕上げてください。

外出時・災害時:口臭タブレット・ガム・マウススプレーなど

外出時には、タブレット・マウススプレー・ガム・歯磨きシートなどが活躍します。タブレット・マウススプレー・ガムは、即効性とマスキング効果があり、小さい商品が多いため持ち運びにも便利です。歯磨きシートには、歯磨き効果のある液体成分が含まれており、歯や歯ぐきを拭って汚れを落とせば、清涼感が得られます。災害などにより歯磨きができない場合にもおすすめです。

口臭対策のスペシャルケアに! シルハで口内環境をチェック

口臭は口内が不衛生な時に発生しやすいため、日頃から口内を清潔に保つことが大切です。唾液検査シルハでは、口を10秒すすぐだけで口内の清潔度・歯の健康・歯ぐきの健康など、口内環境に関わる項目がチェックできます。口臭対策のスペシャルケアとして定期的に検査を受け、自分の口内環境を調べることにおすすめです。
シルハが検査できる全国医療機関の検索はコチラ

原因やシーン別に口臭ケアをして、爽やかな息をキープしよう

口臭ケア用品は、さまざまなものがありますが、原因や日常のシーン別に選んで使うと、より効果が期待できるでしょう。口臭ケア用品を日常に取り入れて、爽やかな息をキープしましょう。

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ