<悩み別>歯科医院の選び方 Webサイトでチェックするポイント【歯科医師監修】

<悩み別>歯科医院の選び方 Webサイトでチェックするポイント【歯科医師監修】

自分にあった歯科医院の選び方は難しいですよね。「ここの歯科医院でよいのだろうか?」「すぐに受診したいけど失敗はしたくない」などの悩みや不安もあるでしょう。この記事では、悩み別の歯科医院の選び方と、歯科医院選びが重要な理由について解説します。これを読めば、信頼できる良い歯科医院を見つけて治療を受けやすくなるでしょう。

               

歯科医院選びが重要な理由

歯科医院を選ぶ際には、いくつか基準があります。重要なのは適切な治療をしてくれるかどうかですが、ほかにも治療期間や料金なども考慮する必要があります。どこを選ぶかによって今後の治療に大きく影響するだけに、総合的に判断することが重要です。

歯科医院は長い付き合いになることが多い

一般的に歯の治療には長い期間がかかります。また保険診療の場合は1回に治療できる限度があり、通院の回数が多くなります。そのためほとんどの場合では、歯科医院との付き合いが必然的に長くなります。

歯科医院により得意分野が異なる

歯科医院選びが重要な理由のひとつとして、医院ごとに治療の得意分野が異なることが挙げられます。そのため、担当する歯科医師によって、治療方針が違うということを覚えておきましょう。

良い歯科医院の選び方

一般的に患者さんと信頼関係が築けている歯科医院は、良い歯科医院だと言えるでしょう。歯の治療は長期におよぶケースがほとんどです。それだけに、気持ちよく通える医院を選ぶことが大切です。

ホームページで治療方針をチェック

歯科医療には多くの分野があるため、歯科医院によって「何に力を入れて、何を重視しているか」が異なります。ホームページには歯科医院の得意分野や考え、思いが明記されているので、その内容とあなたの考え、歯の症状に合った治療が得意な歯科医院を基準に選ぶと良いでしょう。

院内の雰囲気や衛生管理のための設備を写真でチェック

ホームページなどで事前に院内の様子を確認する方は多いと思います。加えて確認してほしいのが、院内感染を予防するための「消毒」「殺菌」「滅菌」ルールや設備が整っているかです。万が一に備え、院内の衛生環境に力を入れている歯科医院は、患者さんを第一に考える良い歯科医院と言えるでしょう。

取り扱っている治療法の種類をチェック

複数の治療法を提案し、その中から患者さんが選べることも、信頼できる歯科医院の基準と言えます。その際、希望などがあれば忘れずに伝えましょう。良い歯科医院であれば、患者さんのリクエストを尊重した治療を検討してくれます。

自費治療についてきちんと料金が掲載されているか

保険が適用されない自費診療は、高額なことがほとんどです。保険適用範囲の治療には使用できる歯科材料などに決まりがあるため、治療内容によって保険適用されないケースがあります。事前にホームページなどで治療内容や料金を確認し、受診の際は改めて医師に説明してもらいましょう。

待ち時間がない歯科医院

いくら信頼があり実績がある歯科医院でも、長時間に渡り待合室で待つことになるのは避けたいですよね。例えば、完全予約制や整理券、アプリなどを導入し、待ち時間を減らす工夫をしている歯科医院は、患者さんのことを第一に考えた歯科医院だと言えます。

予防歯科にも力を入れているか

予防歯科とは、むし歯や歯周病などの問題が起こらないよう、健康な歯を保つための治療です。歯が悪くなってからでは手遅れです。そうなる前に、予防治療を積極的に行っている歯科医院を選ぶと良いでしょう。

かかりつけ医を探すなら通いやすさも大切

歯の治療は長期にわたるケースがほとんどです。いくら評判が良い歯科医院でも、通いにくい場所を選んでしまうと自然と足が遠のいてしまいます。できるだけ自宅や職場の近くなどにある歯科医院を選ぶことをおすすめします。

口コミもチェック

良い歯科医院を探す手がかりとして、口コミサイトや知り合いなどから評判を聞くことも有効な方法です。口コミサイトは正しい情報が必ずしも記載されているわけではありませんが、これまでに挙げた他の情報と合わせて見ることで、歯科医院を選ぶ上での目安となります。
<歯科医院のホームページがないなら検索サイトもチェック>
近年では多くの歯科医院が独自のホームページを用意していますが、良い歯科医院でもホームページを用意していない場合があります。その場合は歯科医院の検索サイトも覗いてみるようにしましょう。

シルハを活用して予防歯科に力を入れている歯科医院はこちら

<悩み別>歯が痛いときの歯科医院の選び方

まず重要な事は、初診時に歯磨きのやり方を初めとして、食生活の内容を聞き取り、しっかりと診察・検査してくれるかどうかです。そのうえで治療方針を立て、治療内容の説明をしてくれる歯科医院がおすすめです。

歯が痛いときの症状と原因

歯の痛みの原因は、むし歯・知覚過敏・歯の割れ・歯周病・親知らずなどです。むし歯では食べ物が約10秒~数分間歯にしみる、知覚過敏では10秒程度の短い時間だけ食べ物が歯にしみる、歯の割れでは硬いものを噛むと痛みがはしる、歯周病では歯ぐきなど歯の周囲が痛む、親知らずでは一番奥の歯肉が腫れて痛くなるといった症状がみられます。歯の痛みは多岐にわたる原因があるため、早期に受診しましょう。

歯が痛いときの歯科医院を選ぶポイント・治療法

歯が痛む一番の原因は「むし歯」です。神経近くまでむし歯が進行した場合でも、できるだけ神経を残す努力をしてくれる歯科医師がおすすめです。もちろん、神経まで進行した重度のむし歯の場合は、歯の神経を取り除く根管治療が必要です。その際には、再発・再治療を繰り返さない治療に徹しており、根管治療を専門的に行っている歯科医院を選んでください。
また、その他の痛む原因の場合も、症例が豊富で専門的な歯科医師が在籍している歯科医院を基準に選ぶといいでしょう。

<悩み別>歯がグラグラするときの歯科医院の選び方

歯がグラグラしているとつい気になって触ったりしてしまいますよね。原因の多くは歯周病といわれていますが、そのほかにもいくつか原因があり、無理に触れたり、放置をしておくと更に状態が悪化してしまいます。ここでは、歯がグラグラする原因や症状、どのような歯科医院を選ぶべきかについてご紹介します。

歯がグラグラするときの症状と原因

原因は歯周病で歯が抜けかけている、歯ぎしりで歯に圧力がかかり過ぎている、歯が割れている、歯のかぶせや土台が外れているなどです。重度の歯周病の場合、歯を支えている土台の骨が半分以上溶けてしまい、歯のグラつきが酷いこともあります。いずれにしても、早急に歯科医院で診てもらい、原因を突き止めることが必要です。

歯がグラグラする原因についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

歯がグラグラするときの歯科医院を選ぶポイント・治療法

歯周病が原因の場合、歯の周りの汚れや歯石を取り除くことで治療できることがあります。歯の土台の骨が相当に溶けている場合は、歯を固定したり抜歯するケースもあります。歯ぎしりが原因の場合は、夜間にマウスピースを使って歯への負担を和らげることが必要です。歯周病や口腔外科治療にも精通している歯科医院を選ぶとよいでしょう。

<悩み別>歯を白くしたいときの歯科医院の選び方

丁寧に歯を磨いていても、歯の黒ずみや黄ばみが気になることがあると思います。歯が黒ずんだり黄ばんだりする原因、歯を白くしたいときの治療法、歯科医院を選ぶポイントについて解説します。

歯が黒ずんだり黄ばんだりする原因

よくある原因は、コーヒー・カレー・チョコレート・お茶・赤ワイン・たばこのヤニなどにより、歯に色素が付着し、黒ずんだり黄ばんだりする「着色汚れ」です。また、むし歯や歯の神経が死んでいる場合、詰め物の変色、抗生物質の一種であるテトラサイクリンの影響で歯が変色することもあります。

歯を白くしたいときの歯科医院を選ぶポイント・治療法

着色汚れの場合は、歯科医院でプラーク・歯石・着色汚れを落とし、歯のクリーニングをします。さらに白くしたい場合や歯の神経が死んでいる場合は、歯を削って、その上から白いかぶせものをする「セラミック治療」がおすすめです。むし歯の場合は、むし歯の部分を削り詰め物をしますし、詰め物の変色の場合は、詰め物を新しくします。テトラサイクリンが原因の場合は、セラミック治療の一種であるラミネートべニアがおすすめです。歯を白くしたいときには、歯のホワイトニング・セラミック治療の実績がある歯科医院を選びましょう。

また、歯のホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」そしてこの2つを組み合わせて行う「デュアルホワイトニング」があります。それぞれ特徴が異なるため、ホワイトニングを検討する際は「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の両方を扱っている歯科医院を選ぶことで、自分のなりたい白さの選択肢が広がるでしょう。

ホワイトニングについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

<悩み別>歯並びをキレイにしたいときの歯科医院の選び方

歯並びが悪いことを気にしている方は少なくないと思います。歯並びが悪いと見た目が気になるだけでなく、むし歯にもなりやすいので注意が必要です。ここでは、歯並びが悪くなる原因を解説し、治療法と歯並びをきれいにしたいときに歯科医院を選ぶポイントを解説します。

歯並びが悪くなる原因

柔らかいものばかり食べる習慣があると、顎の筋力がつかず、顎が小さくなり、歯が生えそろうスペースがなくなって歯がガタガタになってしまいます。指しゃぶりや舌で前歯を押し出す癖があると出っ歯になるケースがあります。むし歯などで歯が抜けると、周りの歯の位置が変わってしまい、すきっ歯になりやすいのも特徴です。また、歯ぎしり・ほおづえの癖で歯が押されてすきっ歯になる可能性もあります。

歯並びをきれいにしたいときの歯科医院を選ぶポイント・治療法

矯正治療には、1〜3年くらい歯にワイヤーをつけて矯正するワイヤー矯正と、透明なマウスピースをあてて矯正するマウスピース矯正があります。また、矯正装置の装着と口腔トレーニングを並行しておこなうマイオブレース矯正(MRC)がさらに効果的です。それから、歯を削ってセラミック冠をかぶせたり、セラミックブリッジで歯並びを整えるセラミック矯正もあります。歯並びをきれいにしたいときの歯科医院を選ぶポイントは、総合的な矯正治療の実績があり、口腔トレーニングを併用している歯科医院を選ぶことです。

歯科矯正についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

<悩み別>口臭が気になるときの歯科医院の選び方

口臭が気になり医療機関を受診する方がいる一方で、口臭が強いのに、慣れが生じて自分では気づかない方もいます。自分で口臭を感じたり、指摘を受けたりしたことのある方は、まず歯科医院に相談するとよいでしょう。ここでは、口臭の原因、治療法、歯科医院を選ぶポイントを解説します。

口臭の原因

口臭の原因は、大きく分けて2つあります。1つめは内臓に問題がある場合で、消化不良・肝機能低下・糖尿病などがあるときです。2つ目は口の中に問題がある場合で、舌苔という舌の汚れ、歯の汚れ、むし歯、歯周病などが考えられます。また、ストレスにより唾液の量が減ると口臭が強くなったり、口臭が強くないのに、強いニオイがあると思い込む方もいます。

口臭についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

口臭が気になる歯科医院を選ぶポイント・治療法

口臭のほとんどが口内に原因があると言われています。まずは、予防歯科に特化した歯科医院で検診・クリーニングを受け、歯科医師の指示の元、自宅でのケア方法を見直しましょう。また、口臭を専門的に治療する「口臭外来」を受診することもおすすめです。
口臭外来を選ぶ際は、以下のポイントを参考に選びましょう。
  • カウンセリングを重視しているか
  • プライバシー保護のための個室があるか
  • 高精度の口臭検査があるか
  • 自分に合った治療を行ってくれる

<悩み別>子どもの歯の悩みがあるときの歯科医院の選び方

大切なお子さんの歯の治療は、頼りがいのある歯科医院にお任せしたいですよね。ですが、多くの歯科医院の中から、お子さんに合った歯科医院を選ぶのは難しいものです。ここでは、子どもによくある歯の悩みの実例をあげて原因を解説し、子どもの歯の悩みがあるときの歯科医院の選び方を解説します。

子どもによくある歯の悩みと原因

治療した歯がまたむし歯になってしまう場合、歯並び、歯の形、歯磨きのくせによるみがき残しが原因と考えられます。歯が黄ばんでいる場合、チョコレート、カレー、お茶など食べ物が原因かもしれません。歯並びが悪い場合、食事の習慣、指しゃぶりなどが考えられます。子どもの口臭が気になる場合、歯周病やストレスが原因のこともあります。

子どもの歯の悩みがあるときの歯科医院を選ぶポイント・治療法

子どもの歯の悩みがあるときには、小児歯科専門医の資格がある、子どもが嫌がらない工夫をしている、治療のメリットだけでなくデメリットも伝えてくれる、予防を重視している、家から近くて通いやすい、キッズスペースがある、説明が丁寧、治療計画がしっかりしているなどの条件を基準に歯科医院を選ぶとよいでしょう。

選び方を間違った? このような歯科医院はすぐ変えるべき

通院中にどうしても納得できず、歯科医院を変えるしかないことがあります。それでは歯科医院を変えるのは、どのようなケースが多いのでしょうか。たとえば、歯が悪くなった原因を調べようとしない、安易に歯を削ったり、神経を抜いたりする、目先の治療だけして予防治療をしない、などが考えられます。歯が悪くなった原因をつきとめ、それを解決しないと、治療をしてもすぐに再発します。また、歯を削る場合は、削らなければならない理由を丁寧に説明してくれないと困りますよね。さらに予防治療がなければ、この先もたびたび歯は悪くなるでしょう。こういったケースを参考にしながら、長くつき合える歯科医院を選んでください。

まとめ

歯科医院を選ぶ際に、歯科医院により得意分野が異なるため、ホームページなどで治療方針・治療法をチェックし、症状に対応してくれそうな歯科医院を選ぶのがよいでしょう。また、歯が悪くなった原因を調べてくれるか、安易に歯を削ったり、神経を抜いたりしないか、予防歯科にも力を入れているかなどを判断材料にしてください。信頼のおける歯科医院を見つけて、健康な歯を保てるようにしましょう。

監修歯科医師:吉竹啓介先生

東京都中央区京橋駅直結の「京橋 銀座みらい歯科」院長。
2010年神奈川歯科大学 卒業。2014年に医療法人社団港成会 理事に就任し、同年にせたがや歯科室を開設。2020年に京橋 銀座みらい歯科を開設し、翌年移転・名称変更。現在は京橋 銀座みらい歯科として東京スクエアガーデン2Fで診療を行っている。

京橋 銀座みらい歯科のホームページはこちら
https://www.miraishika-ginzain.tokyo/

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ