使ったフロスの同じ場所が臭いのは病気のサインかも!? 考えられる原因や対処法を紹介

使ったフロスの同じ場所が臭いのは病気のサインかも!? 考えられる原因や対処法を紹介

フロスでケアをした後、フロスが臭く感じるのは、口内の病気が関係している可能性があります。この記事では、使用後のフロスがニオう原因や病気のサイン、フロスがニオう状態を放置したらどうなるのかを解説します。ニオイを改善する対処法もご紹介しますので、オーラルケアをする際の参考にしてみてくださいね。

               

使用後のフロスが臭い時に考えられる原因3つ

使用した後のフロスのニオイを嗅いだ時に、臭いと感じることがないでしょうか。その原因は主に口内の細菌が関係しています。まずは、使用後のフロスが臭いと感じる原因について見ていきましょう。

1. 歯間に食べカスや歯垢が残っている

使ったフロスが臭くなるのは、歯間に残っている食べカスや歯垢が原因の1つと考えられます。歯垢には多くの細菌が住み着いているため、細菌が発するニオイや食べかすがフロスについてしまい臭くなるのです。

2. むし歯や歯周病がある

むし歯によって歯に穴が開くと、そこに食べカスが詰まったり、細菌が繁殖したりするため、ニオイが強くなってしまいます。また、むし歯が神経まで侵されていると、強烈なニオイを発することもあります。
歯周病がある場合は、食べ物が腐敗したようなニオイが特徴です。歯周病が進行すると、歯ぐきが炎症を起こして膿がたまることがあります。この状態になると、フロスを使用した際に出血し、血液と膿が混ざったものがフロスについて、ニオイがします。
歯周病の検査や治療法については、あわせてこちらの記事もご覧ください。

3. 被せた金属が劣化している

進行したむし歯の治療では、神経を取り除いた歯を補強するために金属の被せ物をします。その金属が劣化すると歯と金属の間に隙間ができます。そこに汚れや歯垢がたまりやすくなることも、ニオイの原因の1つです。
また、被せ物を接着する際に使われるセメントが溶けだすことでも隙間ができます。そこに細菌が入り込んでむし歯が再発すると、ニオイの原因になってしまいます。

フロスが教えてくれる病気のサイン

使ったフロスが臭くなったり、傷みやすかったりする場合は、病気が隠れている可能性があります。ここでは、フロスを使用した時に見られる病気のサインについて見ていきましょう。

同じ場所をケアした時に臭くなる

毎日フロスでケアしているのに、同じ場所で使用後のフロスが臭くなる場合は、歯周病やむし歯の疑いがあります。フロスではケアが行き届かない歯ぐきと歯の境目(歯周ポケット)に歯石や歯垢がたまり、歯周病になってニオイを発している可能性があります。また、むし歯で穴が開いていると、そこに菌がたまりやすくなり同じ場所が臭くなることが考えられます。

フロスが引っかかったり、切れたりする

フロスを使う場所に凹凸があると、フロスが引っかかったり、切れたりすることがあります。 考えられる原因の1つは、むし歯により歯が溶けて凹凸ができていることです。あるいは、歯間や歯ぐきとの境目に歯垢や歯石がたまり、歯周病が進行している可能性もあります。また、詰め物や被せ物の不具合も考えられます。

歯ぐきから血が出る

フロスが歯ぐきに接触した際に、歯ぐきから血が出る場合は、歯周病が疑われます。なかでも、歯ぐきが腫れて、出血を伴うのは歯周病が進行している状態と考えられます。むし歯や歯周病が疑われる場合は、早めに歯科医院を受診しましょう。
歯ぐきの健康が気になる場合は、シルハで自分の口内環境をチェックしてみてはいかがでしょうか。シルハは水で口をすすぐだけで、歯と歯ぐきの健康や口内の清潔度などの口内環境にかかわる項目がチェックでき、むし歯や歯周病、口臭予防に役立てることができます。​
シルハを導入している検査機関は、こちらからご確認ください。

フロスが使用後に臭くなる状態を放置すると?

フロスが臭くなる口内の箇所を放置すると、歯の状況が悪化してしまうかもしれません。放置した場合に考えられる状況を見ていきましょう。

むし歯が悪化する

フロスが臭くなる原因がむし歯である場合、放置すると細菌がたまったままになり、むし歯が悪化してしまいます。むし歯が神経まで進行すると、強烈な痛みを伴うこともあります。さらに進行した場合、歯がボロボロになり抜けてしまったり、周りの歯へむし歯が広がったりすることもあるため、早めに治療をしましょう。

歯周病が悪化する

歯ぐきの近くに細菌がたまった状態が続くと歯周病になったり、歯周病が悪化したりします。初期の歯周病は痛みをあまり伴わないため、気づかないうちに進行していることが多いです。そのまま放置すると、歯の根元に歯石が付着していき、最終的には歯を支えている土台が溶かされて歯が抜け落ちてしまうこともあります。

口臭がひどくなる

使用後のフロスのニオイが臭い場合は、口臭も発生している可能性があります。また、放置することで口内に細菌が増えて、むし歯や歯周病が悪化して化膿や出血が起こることで、さらに口臭がひどくなってしまうかもしれません。

根尖性歯周炎になる

むし歯が進行すると、歯根の周囲組織が炎症する「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)」を引き起こすこともあります。急に悪化することは少ないですが、根尖性歯周炎になると、内部の感染した歯髄や細菌を取り除き、消毒して炎症を抑える「根管治療」をしなければ治りません。
根尖性歯周炎を放置すると、激しい痛みを伴い、歯ぐきや顔が腫れたり、根元の炎症部分にたまった膿が歯ぐきに現れたりすることもあります。膿が歯周ポケットに出る場合は、歯周病もひどくなってしまいます。

使用後のフロスが臭い時にできる対処法

使用した後のフロスが臭い時、フロスでケアした部分に何も処置をせずにいると、口の中の状況が悪化する可能性があるため、早目に対処することが望ましいです。ここでは、使用後のフロスが臭い時にできる対処法をご紹介します。

歯磨きを正しく行う

ニオイを改善するには、原因と考えられる歯垢をためないように、毎日の歯磨きを正しくすることが大切です。歯ブラシはペンを持つように握り、45度ぐらいの角度で歯に当てます。力を入れすぎず小刻みに横方向へ動かしてブラッシングしましょう。
正しい歯磨きの方法については、こちらの記事もあわせてご覧ください。

歯の場所にあったフロスや歯間ブラシを使う

ロールタイプのフロスは、前歯や奥歯、歯並びが悪い場所でも使えますが、慣れる必要があります。使い方が難しいと感じる場合は、歯科衛生士や歯科医師に相談してみてください。
柄のついたホルダータイプのフロスには、F型とY型がありますが、F型を使用した場合、場所によっては歯垢が残ってしまうこともあります。前歯にはF型、前歯と奥の歯の両方に使う場合はY型といったように、使い分けると良いでしょう。
デンタルフロスの種類や正しい使い方については、あわせてこちらの記事をご覧ください。
また、歯間ブラシも併用すると歯と歯ぐきの間の歯垢除去率が上がります。フロスに加えて歯間ブラシを使った方がより効果的です。
歯間ブラシの効果や使い方については、こちらの記事もご参照ください。

マウスウォッシュを使用する

歯磨きやデンタルフロスなどで食べカスや歯垢を落とした後は、マウスウォッシュで口をすすぎましょう。細菌の増殖を抑えるために、殺菌成分を含むマウスウォッシュの使用をおすすめします。
マウスウォッシュの選び方や正しい使い方については、こちらの記事をご覧ください。

歯科医院を受診する

使用後の使ったフロスが同じ場所でニオう場合は、むし歯や歯周病などの病気が疑われるため、早めに歯科院を受診して治療しましょう。また、歯と被せた金属との間に隙間があることでニオイが発生している場合も、歯科医院での処置が必要です。
定期的に歯石を取り除くクリーニングや、歯磨き・フロスの使い方のアドバイス、唾液検査による口内環境のチェックをおすすめします。定期検診を習慣づけ、むし歯や歯周病を初期段階で発見できれば、痛みを伴うことも少なく、治療にかかる費用や時間も抑えることができます。
自身の口内環境チェックにおすすめなのが、唾液検査シルハです。むし歯菌の活性度や歯周病判断の目安となる白血球・タンパク質、口内の清潔度がわかるアンモニアなど、6項目がチェックできます。これらの検査結果をむし歯や歯周病、口臭予防に役立てることができます。
シルハを導入している検査機関は、こちらからご確認ください。

フロスが臭いと感じたら歯科受診を

毎日ケアをしているのに、口内の同じ場所で使用後のフロスがニオう場合、むし歯や歯周病などの病気が潜んでいる可能性があります。病気のサインを見逃さず、早めに歯科医院を受診しましょう。定期的に口内環境をチェックし、正しい歯磨きやフロスの使い方などもアドバイスしてもらいながら、歯の健康を維持してくださいね。

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ