歯ブラシが当たると歯が痛い! 考えられる原因と放置してはいけない理由とは

歯ブラシが当たると歯が痛い! 考えられる原因と放置してはいけない理由とは

「歯に歯ブラシが当たると痛い」と感じた時は、むし歯や知覚過敏になっている恐れがあります。一時的なものだからといって放置していると、神経を抜いたり、抜歯をしたりといった重い処置が必要になるかもしれません。本記事では、歯に歯ブラシが当たると痛む原因や放置するリスクの他、対処法についてご紹介します。

               

歯ブラシが歯に当たると痛む原因

歯に歯ブラシが当たると痛む原因は、主に知覚過敏やむし歯の進行が考えられます。その原因を詳しくチェックしていきましょう。

知覚過敏

むし歯でもないのに、歯ブラシが当たると痛みを感じる場合は、知覚過敏の可能性があります。知覚過敏は、歯周病などにより歯ぐきが下がったり、歯の表面であるエナメル質が薄くなったりして象牙質が露出することで起こります。

むし歯が進行している

むし歯が進行していると、歯を磨く際に痛みを感じる場合があります。むし歯が原因で歯に穴が空くと、歯ブラシや食べ物などで刺激を受ける部分と神経の距離が近くなるためです。
むし歯の原因や症状などについては、こちらの記事もチェックしてみてください。

知覚過敏の特徴と原因

歯ブラシが歯に当たると痛い原因として最も多いのは、知覚過敏です。知覚過敏とはどのような状態を指すのか、その特徴や症状、原因についてご紹介します。

知覚過敏とは

知覚過敏とは、歯の表面を覆うエナメル質が薄くなり、痛みを感じやすくなる状態のことを指します。エナメル質自体は削れてしまっても痛みを感じませんが、エナメル質の内側の象牙質が露出することで痛みを感じるようになります。
象牙質には「象牙細管」と呼ばれる細い管が通っており、神経などが集まる歯の中心につながっています。知覚過敏は、歯ブラシが当たるなどの刺激が象牙細管を通って、神経に伝わることで痛みを感じます。

知覚過敏の症状

知覚過敏の主な症状には、歯ブラシが当たると痛みがあることのほかに、熱いものや冷たいもの、甘いものがしみることもあります。また、痛みは持続するのではなく、一時的なものであることも特徴です。そのため、放置してしまうケースも非常に多いようです。
歯ブラシが歯に当たった時の痛みが「知覚過敏によるものかむし歯によるものか」を見分けるには、歯を軽くトントンと叩いてみてください。叩いた時に痛みがなければ知覚過敏の可能性、痛みを感じる場合にはむし歯の可能性があります。

知覚過敏の原因

エナメル質が削れることで起こる知覚過敏には、複数の原因があります。
<歯周病>
歯周病になったり、治療を行ったりすることで歯ぐきが退縮するケースがあります。その結果、象牙質が露出しやすくなってしまい、知覚過敏が起こる恐れがあります。
<歯ぎしり・食いしばり>
歯ぎしりや食いしばりの習慣化も知覚過敏の原因のひとつです。歯に強い負担がかかることで、エナメル質が削れることがあります。
<酸性度の高い食品の摂りすぎ>
エナメル質が消失する原因のひとつに、酸蝕(さんしょく)があります。エナメル質はpH5.5以下の酸に弱いため、酸性度の高い食品を摂りすぎてしまうとエナメル質が消失して、知覚過敏になってしまう可能性があります。
pH5.5以下の食品は、柑橘類や酢などが代表的です。また、甘い清涼飲料水やスポーツドリンク、ワイン、ソースやドレッシングなど、酸と糖分の両方を含むものにも注意が必要です。
<強い力での歯磨き>
歯磨きの際にゴシゴシと力を入れてブラッシングをしていると、歯の根が削れたり、歯の根が露出したりするなどのトラブルが起こりやすくなります。その結果、知覚過敏を招いてしまう恐れがあります。

知覚過敏の治療

知覚過敏の治療法は、進行度によって変わります。軽度の知覚過敏の場合は、歯に薬を塗ったり、薬剤でのコーティングをしたりする治療が主です。知覚過敏が進行して重度になってしまっている場合は、歯の神経を抜く治療が必要になることがあります。

歯ブラシが歯に当たると痛むのを放置するリスク

知覚過敏などで歯ブラシが歯に当たると痛む状態を放置していると、さまざまなトラブルを招いてしまう恐れがあります。ここでは、放置することで起こりうるリスクをご紹介します。

歯磨きが不十分になる

痛みを感じる部分を避けて磨いたり、歯磨きの時間が短くなったりしやすくなります。そうしてケアがおろそかになると、その分口内の汚れは残りやすくなってしまうでしょう。結果として、むし歯や歯周病のリスクも高まると考えられます。

治療が大変になる恐れがある

知覚過敏を放置していると、悪化する恐れがあります。悪化した場合は、歯の神経を抜く治療が必要になかもしれません。神経を抜いた歯は脆くなる​ため、折れたり欠けたりといったトラブルが起こりやすくなります
むし歯が原因の場合も同様に、放置していると治療が大変になり、抜歯治療が必要になるケースがあります。むし歯の自覚がなくても、歯ブラシが当たることで痛みを感じたら、放置せずに早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

歯ブラシが歯に当たると痛い時の対処法

歯ブラシが歯に当たると痛むのに、なかなか歯科医院に行けない時もありますよね。ここでは、自分でできる一時的な対処法を紹介します。

歯磨きは優しく行う

歯磨きは、痛みを感じるからといっておろそかにするのではなく、入念に行うことが何よりも重要です。歯ブラシの硬さは普通程度のもので、力をかけずに優しくブラッシングしましょう。歯の表面に対して90度になるように歯ブラシを当て、小刻みに動かすのがポイントです。
デンタルフロスや歯間ブラシを併用するのもおすすめです。短時間で行うのではなく、10分ほどの時間をかけてしっかりと磨くようにしてください。

知覚過敏用の歯磨き粉を使う

ブラッシングの際に、知覚過敏用の歯磨き粉を使うのも対処法のひとつです。知覚過敏用の歯磨き粉は、露出してしまった象牙質にバリアを作り、痛みを軽減する効果が期待できます。また、フッ素入りの歯磨き粉も有効です。フッ素入りの歯磨き粉は、エナメル質の強化が期待できるでしょう。

酸性度の高い飲食物を控える

酸性度の高い飲食物を摂ると、象牙質に負荷をかけてしまうため、痛みを感じる時にはなるべく避けた方が良いでしょう。また、酸の強い飲食物を摂った後に水を飲んだり、うがいをしたりするのも効果的です。

歯ブラシが歯に当たる時の痛みの予防法

歯ブラシが歯に当たると痛むなどの不快感を予防するためにも、日頃のケアは欠かせません。歯磨きの際の不快感を予防するために、おすすめの方法をご紹介します。

定期的に口内チェックを行う

歯ブラシが歯に当たった時に痛みを感じる主な原因は、知覚過敏やむし歯です。これらのトラブルを予防するには、日頃のケアに加えて定期的な口内チェックを行うことが重要です。口内の状態をしっかりと知っておくことで、トラブルを予防できるようになります。
唾液検査のシルハは、口を10秒間すすぐだけで口内の状態を詳しく知ることができます。むし歯菌の活性度や酸性度もわかるので酸蝕によるエナメル質の消失も予防しやすくなるでしょう。シルハでチェックできるのは、以下の6つの項目です。
シルハは全国の歯科医院で導入されているので、定期検診とあわせて利用してみてはいかがでしょうか。シルハが導入されている歯科医院は、こちらから検索できます。

歯ブラシが当たると歯が痛い時は早めの対処を

歯ブラシが歯に当たって痛みを感じる時は、放置せずになるべく早く対処することが大切です。痛いからといって歯磨きをおろそかにせず、正しく磨いて口内を清潔に保ちましょう。また、定期的な口内チェックでむし歯や歯周病を防ぐことも、痛みの予防につながります。

近隣のクリニックを検索

関連記事

ピックアップ

医療機関の方へ

シルハは口腔環境6項目を簡単操作で5分でスクリーニングできる唾液検査です。
製品情報・お問い合わせはコチラ