ライターアカウント

ライターアカウント

フォロー

0 人にフォローされています

げっぷやおならが多くなる呑気症 原因と対策、セルフチェックをご紹介【医師監修】

げっぷやおならが多くなる呑気症 原因と対策、セルフチェックをご紹介【医師監修】

(2022年10月14日更新) 炭酸飲料を飲んだなどの心当たりがないのに、げっぷやおならが多く出てしまうことはないでしょうか? これらの原因の1つに呑気症(どんきしょう)が挙げられます。呑気症とは、空気を大量に飲み込むことで、胃や腸に空気のガスが溜まる病気のことです。この記事では、呑気症や、歯の噛みしめによって生じる噛みしめ呑気症候群の原因と、その対策についてご紹介します。
アデノイド顔貌は大人でも治療できる? 3つの改善法と見分け方も紹介【歯科医師監修】

アデノイド顔貌は大人でも治療できる? 3つの改善法と見分け方も紹介【歯科医師監修】

(2022年10月14日更新) 自分では気を付けているつもりでも、無意識に口が開いてしまうことに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。その原因は、アデノイド顔貌の影響かもしれません。アデノイド顔貌(がんぼう)とは、上顎が出て下顎が後退している顔のことです。10代で自然に治ることが多いですが、大人になっても口呼吸などの原因で影響の残る人がいるようです。この記事では、アデノイド顔貌の概要や原因、解消法、治療法などをご紹介します。
デンタルフロスが臭い! 考えられる原因や対処法を紹介【歯科医師監修】

デンタルフロスが臭い! 考えられる原因や対処法を紹介【歯科医師監修】

(2022年10月14日更新) 歯間ケアをした後のデンタルフロスが臭い場合、歯周病やむし歯など、口内の病気が関係しているおそれがあります。そのまま放置していると、病気が進行したり、口臭がひどくなったりという影響が出ることもあります。この記事では、使用後のフロスから悪臭がする原因や、病気のサイン、フロスが臭い状態を放置したらどうなるのかを解説します。ニオイを改善する対処法もご紹介しますので、オーラルケアをする際の参考にしてみてくださいね。
子どもの口臭 5つの原因と対策を紹介【歯科医師監修】

子どもの口臭 5つの原因と対策を紹介【歯科医師監修】

(2022年10月6日更新) ニオイの強いものを食べていないのに、お子さんの口臭が強いと、「なにか病気ではないか?」と心配になりますよね。この記事では、子どもの口臭の原因や対策、歯磨きを習慣化させるコツ、さらに口内環境を把握できる唾液検査シルハについてご紹介します。実際に、健康状態の悪化によって口臭が強くなることもあるため、まずはお子さんの様子を観察して、原因を探ってみましょう。
歯石とは 自分で取るにはリスクが…!歯垢との違いやケアも解説【歯科医師監修】

歯石とは 自分で取るにはリスクが…!歯垢との違いやケアも解説【歯科医師監修】

(2022年10月6日更新) 歯と歯の隙間や、歯ぐきとの境目にこびりついた白や黒のかたまり。歯磨きをしてもなかなか取れず、困っていませんか? その正体は、「歯石」です。歯石は、むし歯や歯周病を引き起こす細菌の温床です。見えやすい場所にできるだけでなく、歯ぐきの内側や前歯の裏側などにも付きやすく、歯科医院で除去する必要があります。このコラムでは、歯石とはどういうものなのか、よく聞く「歯垢」とどう違うのか、さらに自分で取ろうとする際のリスクなどを解説していきます。
繰り返す口内炎の原因と適切な治し方

繰り返す口内炎の原因と適切な治し方

(2022年9月30日更新) 何度も繰り返す口内炎は悩みの種ですよね。市販の薬を塗ったり自然治癒を待ったりといった対策を行う方も多いはず。しかし、根本的な原因を把握していないと、今後も口内炎ができてしまうかもしれません。そこで今回は、なかなか治らない口内炎の原因や適した治し方を紹介します。
子どもが繰り返し口内炎を発症するのは理由がある? 原因と対処法を紹介【歯科医師監修】

子どもが繰り返し口内炎を発症するのは理由がある? 原因と対処法を紹介【歯科医師監修】

(2022年9月30日公開) 子どもにも、大人と同様に口内炎ができます。また、口内炎が繰り返し起こる場合は、子ども特有の感染症が原因である可能性も考えられるため、口内環境のケアに加えて感染症の予防も必要です。この記事では、子どもの口内炎が繰り返し起こる原因と、その対処法を解説します。口内炎は外から見えないのに加えて、子どもは痛みをうまく伝えることができないため、歯磨きをする際にチェックするなどしてみましょう。
生えかけの親知らずが痛い! 原因と起こりやすいトラブルを解説【歯科医師監修】

生えかけの親知らずが痛い! 原因と起こりやすいトラブルを解説【歯科医師監修】

(2022年8月22日更新) 生えかけの親知らずが痛みや炎症を引き起こすケースは多くあります。親知らずがむし歯になっていたり、斜めに生えて隣の歯に影響していたりする場合は、抜歯が必要です。本記事では、生えかけの親知らずが起こしがちなトラブルや、ケアを解説します。
のどに刺さった魚の骨、放置は危険! 自分でできる対処法・注意点を解説【歯科医師監修】

のどに刺さった魚の骨、放置は危険! 自分でできる対処法・注意点を解説【歯科医師監修】

(2022年9月13日更新) のどに刺さった魚の骨がなかなか取れないと、心配になりますよね。刺さった骨は自然に抜けるケースが多いですが、 放置したり、誤った対処をしたりすると、症状によってはかえって悪化することがあるので、注意が必要です。この記事では、魚の骨がのどに刺さった時の症状や、正しい対処法を解説します。あわせて、間違った対処法や食事における注意点などもご紹介します。
唾液が臭い原因と対処法 ニオイのセルフチェック方法も紹介【歯科医師監修】

唾液が臭い原因と対処法 ニオイのセルフチェック方法も紹介【歯科医師監修】

(2022年7月29日更新) マスクを付けたままくしゃみをしたときなどに、マスクに付いた唾液が臭いと自分の口臭も気になりますよね。この記事では、唾液が臭くなる原因と唾液のニオイからくる口臭の対策について紹介します。
急に唇が腫れる原因は? 症状と対処法、受診の目安を解説【歯科医師監修】

急に唇が腫れる原因は? 症状と対処法、受診の目安を解説【歯科医師監修】

(2022年11月18日更新) 急に唇が腫れた時には、自分で処置できるのか、病院で診察を受けた方が良いのか、対処方法が分からないものです。唇が腫れる症状はさまざまな病気で見られ、原因も異なります。この記事では、唇が腫れる症状がある時に考えられる病気や対処方法、受診の目安のポイントを解説します。唇が腫れた時の参考にしてみてくださいね。
口の中を噛む原因はストレス?太ったから?5つの原因と対策を解説【歯科医師監修】

口の中を噛む原因はストレス?太ったから?5つの原因と対策を解説【歯科医師監修】

(2022年5月19日更新) 口の中を噛んでしまうと、痛いだけではなく食事をすることも辛いですよね。口の中を噛む原因は、ストレスや歯並びの他に、体重の増加なども考えられます。この記事では、口の中を噛む原因や対策、噛んでしまった時の対処方法を紹介します。原因と対策方法を知り、口内トラブルに悩まない生活を送りましょう。
舌ブラシの効果的な使い方を解説 使用時の注意点や選び方も紹介【歯科医師監修】

舌ブラシの効果的な使い方を解説 使用時の注意点や選び方も紹介【歯科医師監修】

(2022年5月18日更新) 舌の表面についた白い汚れを落とすには「舌ブラシ」を使うのが有効ですが、「汚れが取れない」「効果が感じられない」と思っている方は、使い方を見直してみる必要があるかもしれません。この記事では、舌ブラシの効果的な使い方や使う際の注意点、選び方まで紹介します。
味がわからないのは味覚障害? 考えられる原因や検査・治療法を解説【歯科医師監修】

味がわからないのは味覚障害? 考えられる原因や検査・治療法を解説【歯科医師監修】

食べ物や飲み物を口にした時に味がわかりにくい時や、変わった味がする時がありませんか? それはひょっとすると、味覚障害かもしれません。味覚障害は、栄養バランスの乱れやストレス、口腔疾患、全身疾患などさまざまな原因により発症します。この記事では、味覚障害の症状や原因、検査・治療法について解説します。味覚障害の予防法も紹介するので、参考にしてみてくださいね。
ほうれい線は口輪筋を鍛えよう!口輪筋の鍛え方や衰えを予防する方法をご紹介

ほうれい線は口輪筋を鍛えよう!口輪筋の鍛え方や衰えを予防する方法をご紹介

(2022年11月29日更新) 年齢を重ねるごとに、ほうれい線やフェイスラインのたるみが気になる方も多いでしょう。その悩みの原因は、口周りの筋肉である口輪筋(こうりんきん)の衰えかもしれません。口輪筋の衰えを予防するには、日々トレーニングすることが大切です。この記事では、口輪筋の衰えが美容や健康に及ぼす影響や、口輪筋の鍛え方をご紹介します。
128 件